半月板損傷ハンゲツバンソンショウ

半月板損傷はどんな病気?
半月板というのは、両方の膝関節の左右にある、半月型の板のことです。半月板損傷は、この半月板がスポーツなどによって傷つけられたり、断裂してしまったりすることの総称をさします。主な症状は、痛み・関節に水がたまる・関節の可動域の制限などです。ひどいときには急に膝が動かなくなることもあります。痛みは、運動時や歩行時、立ち上がる時などに多く見られます。


半月板損傷の症状
半月板損傷の症状とは、膝が痛くて歩きにくいことであり、歩く際に激痛などが発生することです。このため、このような場合には極力歩かないようにして膝などを動かさずに病院に行く必要があります。また、この場合には放置しておくと状況が悪化するために、速やかに病院に行く必要があります。そして、専門の医師に直接治療を行ってもらう必要があります。

半月板損傷の原因
半月板損傷の原因となるもので多いのはスポーツによるものです。サッカーなどのはげしい運動をしている際に膝に負担がかかってその結果おこります。日々のはげしい練習でその後のケアを怠っていると足の筋肉や関節に疲労がたまり、その部分の柔軟性が失われることで発症しやすくなるのです。またスポーツ以外でも、急に立ち上がったりしたことで発症する人もいます。

半月板損傷の検査と診断
半月板損傷での検査方法は問診や触診で関節の動作や痛みの状態を確認することである程度半月板が損傷のしたいるかしていないかの判断は可能です。とくに侵襲の少ない検査では超音波検査やMRI検査が有用であり、検査することで、半月板に信号の変化・形態の異常が確認できます。また関節鏡検査は直接半月板の損傷を確認でき、確認でき次第手術に移行することも可能な検査です。

半月板損傷の治療方法
半月板損傷の治療法には、手術治療と保存治療があります。手術治療は、痛んだ部分を切り取り、形を整える部分切除術と、断裂した部分を縫い合わせる縫合術があります。どちらの方法を選ぶかは、実際の状態を確認してから決定されます。保存治療は、手術をせず、2週間ぐらいひざを固定する方法です。保存治療で効果が出ない場合は、手術を行います。

半月板損傷の初診に適した診療科目

半月板損傷の専門外来

半月板損傷に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ