自然気胸シゼンキキョウ

自然気胸はどんな病気?
自然気胸は肺の病気です。外からの衝撃が原因となる外傷がないのに何らかの要因のため肺の一部に穴があいてしまい、そこから空気がもれてしまう病気です。この肺の病気ははやせ形で背が高くい男性に不思議と多く発症します。突然の胸部のはげしい痛み、呼吸困難や乾いた咳などが症状として現れますので気が付いた時には早い受診が必要となります。


自然気胸の症状
自然気胸とは、胸腔内で気体が肺を圧迫し、空気が取りこめなくなってしまうもので、具体的な症状は次のようなものがあります。多くのものが突然発症し、呼吸をしても大きく息が吸えなくなってしまったり、激しい運動をすると呼吸困難引き起こしてしまいます。発症初期は肩に違和感が生じたり、胸や背中に鈍痛を感じたりします。両方の肺で発症することは稀です。

自然気胸の原因
自然気胸の原因は、細気管支の炎症や胸膜の弱化によって原発する胸膜弾性板の破壊、破裂と基礎疾患による胸壁の破壊、破裂です。基礎疾患としては、慢性閉塞性肺疾患、肺がん、肺結核、宮崎肺吸虫症、膠原病、子宮内膜症、肺リンパ脈管筋腫症などがあげられます。喫煙も発症のリスクを数十倍高めると言われています。また、過度に痩せていることで、胸囲が小さくなって原発させることもあります。

自然気胸の検査と診断
自然気胸の検査方法は、基本的には2つにわかれます。ひとつは気管支の音を聞くものであり、肺のあたりの空気が漏れているという異常な音を探知する方法ですが、しかしこれには確実性というものが欠けます。そこで利用されているのがレントゲンにとる検査で、このレントゲンを活用した方法ならば、胸腔にたまった空気によって肺が萎えているということがはっきりと判断できるのです。

自然気胸の治療方法
胸腔内圧は正常の状態だと陰圧になっていますが、胸腔への空気の流入により陰圧が消失すると肺の虚脱が起こり自然気胸の状態となります。そのため、治療法としては、胸腔内の空気を抜いて、肺の再膨張を促す胸腔ドレナージを行います。穿刺部位は通常第5~6肋間の中~前腋窩線上とすることが多いです。また、肺の再膨張が十分でないときは陰圧をかけることもあります。

自然気胸の初診に適した診療科目

自然気胸の専門外来

自然気胸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ