気胸キキョウ

気胸はどんな病気?
気胸とは肺の病気です。なんらかの原因で胸の膜に穴が空き、肺が縮んでしまった状態のことをいいます。突然発症することが多く、大きく息が吸えない、運動をすると呼吸困難になるといった症状が出て呼吸に支障が出ます。背の高い痩せ型の男性に発症することが多いですが、女性や太った体型の人に発症することもあります。初期段階の治療では安静にして自然治癒を待ちます。


気胸の症状
気胸の症状としては、息切れや息苦しさ、大きく息を吸うことができない、激しく運動すると呼吸が苦しいというような呼吸困難がみられます。また、頻脈や動機、咳などもあります。胸の痛みも出る場合があり、痛みは人によってさまざまで、まったく痛みを感じない人もいれば、軽度でも激痛を訴える人もいます。初期だと肩こりや鎖骨の違和感や、背中や胸の違和感、鈍痛を感じます。

気胸の原因
気胸になる原因には、大きく分けて二つあります。一次性のものは、理由は不明ですが、痩せ型の男性になりやすい傾向があります。芸能人によく聞くものは大体一次性です。二次性のものは、太った男性が多く、また、喫煙者にも多いです。それから、医原性のものもあり、これは医療を受けた際に、針などで肺をさしてしまい、空気が入った際に起こるものになります。

気胸の検査と診断
気胸の検査方法は、聴診上の時に発生した側の呼吸音が減弱していることや、打診上に発生した側の横隔膜の低下で診断出来ます。しかし、胸部X線写真では、虚脱した肺が写し出され。確定診断されるのです。更に、胸部CT検査(コンピューター断層撮影)によって肺表面の小さなブラ(大きいものはブレブ)の大きさや位置が分かることがあることが、この病気を知るための方法です。

気胸の治療方法
気胸の治療法としては、無理な運動をせず安静にして自然治癒を待つことが通常ですが、人工的に肺から漏れた空気を吸引して脇に漏れた空気を外へ出してしまいます。再発を繰り返す場合は、タルク末を胸腔内に注入してこの刺激によって、軽い胸膜炎を引き起こして、それによって胸膜の癒着を起こして穴を塞いだり、手術で穴の開いた肺嚢胞の切除を行うこともあります。

気胸の初診に適した診療科目

気胸の専門外来

気胸に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ