乾燥肌カンソウハダ

乾燥肌はどんな病気?
乾燥肌とは、ふつうの人よりも肌が乾燥しやすく、普段から乾燥していう状態のことが多い肌のことです。夏だと、肌はあまり乾燥しないという人が多いですが、夏でも乾燥してしまうことが多いです。肌の状態を良くするために、保湿クリームを塗ったり、あまり石鹸で洗いすぎないようにしたりするなどの対策が必要となります。粉をふいてしまうこともあります。


乾燥肌の症状
乾燥する季節に限らず、女性は乾燥肌の人が多い様です。その症状としては、肌がカサカサして皮膚がはがれたり、酷いと皮膚が割れてしまう人もいます。また、痒みを伴って掻いてしまうと、余計に乾燥してして悪循環になってしまいます。肌の乾燥を防ぐには、保湿をしっかりして適度に油分を与える事が大切です。痒くなっても掻かずに薬を塗るなどの対処が良い様です。

乾燥肌の原因
乾燥肌は皮膚表面の脂肪分がなくなることでおきる皮膚の症状です。原因は水などを使った仕事をしていると皮膚の脂身がなくなるので起きやすいと多数報告されています。そのため皮膚の乾燥を防ぐには、皮膚にク乾燥防止のクリームを塗ることでかなり予防できるので皮膚の乾燥がひどい場合はクリームを常に塗ることをすることで改善していきます。

乾燥肌の検査と診断
乾燥肌の検査方法は、顔の表面にどれくらい水分があるかということの測定がメインとなっています。特殊な機械を使って顔の表面をなぞっていき、そうして水分をデジタル表示によってどれくらいあるか、平均程度は存在しているのか、そこを探っていきます。さらに、肌の状態として、皮が簡単にむけてしまったり、風呂あがりなどに肌が痛むなど、本人がすぐにわかるようなものも方法として活用されています。

乾燥肌の治療方法
普通の肌の人でもクーラーや冬場は乾燥するのに、乾燥肌の人はもっと大変です。病院での治療法としては、保湿と言われ乾燥を防ぐクリームやローションなどが処方されます。しかし、病院で処方されたものを使ってもひどい人は改善されません。だからといってクリーム類を使わなければもっとひどくなります。一番は美顔器等使って肌に水分が入りきらない位まで保湿し、病院でのクリームや市販の保湿クリームを使用することです。

乾燥肌の初診に適した診療科目

乾燥肌の専門外来

乾燥肌に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ