血便ケツベン

血便はどんな病気?
血便には、鮮血とドス黒い色のものに分けることができます。それぞれ、血液の色によって疾病が異なります。鮮血の場合は、肛門に近いところでの出血が多く、逆にドス黒いタール状のものですと肛門よりは遠い場所での出血になります。また、血が出た時に多いのが痔などの場合が多いのです。血液が出てしまったら、観察することが診察時の判断基準に必要になります。

血便の症状
血便から判明する症状は血の色によって変わります。血の色が赤だったら肛門から近い部分の出血になるので切れ痔や大腸がんの可能性がありまう。血の色が黒だったら肛門から遠い部分での出血になるので十二指腸潰瘍や胃潰瘍である可能性があります。便をする際に、後ろを振り返って血の色を確認してください。血の色によっては手術が必要な場合があります。

血便の原因
血便の原因は、いろいろなものがあります。たとえばぢになってしまったときにも便に血が混じってしまいますし、他にもがんになったときにも、やはり血がまじる便がでてくるのです。これらの違いというものはハッキリと判断することは難しく、個人での調査は非常に難しくなっています。それにくわえてストレスが要因となっているものもあったりして、それが難しさに拍車をかけています。

血便の検査と診断
血便の検査方法は、その名の通り、トイレに入って便をするときに、その便のなかに血が混じっていないかどうか、というところを見ることによって実行することができます。しかし、この方法だと現代の西洋式のトイレでは、どうしても何度かは見逃してしまうことがあったりするのです。だからこそ、おしりを拭くためにトイレットペーパーを使用する前に便器内を確認する、という作業を習慣化させる必要があります。

血便の治療方法
血便の多くは、大腸や結腸の癌若しくは切れ痔などによるものです。そのため治療法としては大腸や結腸の癌の場合は、癌を手術で除去することが最も有効な治療となってくるはずです。また切れ痔の場合は痔の治療もありますが便を排出する際に余り力をいれずに排便するようにする必要があります。そうでないと切れ痔が治りかけてもキズが広がり血が混じるからです。

血便の初診に適した診療科目

血便に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ