いぼ痔(痔核)いぼじ

いぼ痔(痔核)はどんな病気?
痔核(じかく)とも呼ばれる。肛門の皮膚や粘膜の支持組織、周囲の血管が緩んでできる。痔全体の6割強を占めます。 男性特有の病気だと思われがちのいぼ痔ですが、実は女性も相当数の患者がいます。出産後に患うことが多く、力みが原因だと言われています。まず完治を目指すに当って、お通じを良くするため繊維が豊富な物を食べることをお勧めします。ヨーグルトや納豆などの発酵食品も腸内運動を活発にしてくれるので、積極的に食事に取り入れると良いでしょう。

いぼ痔(痔核)の症状
いぼ痔とは、便秘や妊娠により、排便をするときに力むことにより、なります。症状は、肛門に力をいれることにより、うっ血していぼができることです。いぼは場所により、痛みを伴います。内核痔は、比較的、痛みがないですが、出血がおおいいです。外核痔は、神経の近くにあることから、強い痛みを伴う場合がとても高いです。ひどい場合には、切除手術になる場合もあります。

いぼ痔(痔核)の原因
いぼ痔が発生する原因は、同じ姿勢・力む事が多い・辛いものの食べ過ぎ・アルコールの飲み過ぎといった物があります。特に、同じ姿勢と力む事が多いと肛門周囲に血が溜まりやすくなり、いぼの元となる静脈瘤が発生し肛門周囲に違和感を感じるようになります。排便時は硬い便だと力みやすいので注意が必要で、同時に切れ痔も発生する可能性があります。

いぼ痔(痔核)の検査と診断
いぼ痔の検査方法ですが、ズボンやパンツをひざの辺りまで下ろし、診察台に横向きに寝ます。医師は滅菌された手袋をはめ、指にゼリーなどを塗り、肛門に指を挿入し触診を行います。少し気持ち悪いですが、特に痛みはありません。力を抜いてリラックスすることが大切です。さらに詳しく調べる場合は、肛門鏡を用い少し肛門を開いて中の様子を確認します。

いぼ痔(痔核)の治療方法
いぼ痔の治療法は、パチンコ玉サイズになると注入軟膏だけでは対処出来ませんので、肛門科や外科で手術が必要となります。初めて問診と触診を受けたらその次が手術となり、脱着しやすい衣服で病院に行きます。手術は肛門に局所麻酔をして専用の下着を履いて行いますので羞恥心はあまりありません。手術は数十分で終わり、1~2時間程度安静にしてから帰宅します。その後は、2回前後経過観察の通院をしたら治療は終了です。

いぼ痔(痔核)の初診に適した診療科目

いぼ痔(痔核)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ