粉瘤 (アテローム)フンリュウ

粉瘤 (アテローム)はどんな病気?
粉瘤とは、一見ニキビのようにも見える出来物ですが、垢などの老廃物が皮膚の下にたまる事によってできる腫瘍のことです。
初期の頃には皮膚の下にしこりが出来る程度ですが、症状が進んでいくと肥大化してしまったり細菌感染を起こしてしまったり、ひどい時には破裂し中から膿が出てくる場合もあります。
治療法としては、手術をして切除しなくては根本的な治療にはなりません。


粉瘤 (アテローム)の症状
粉瘤の症状は数ミリから数センチのしこりが出来ます。しこりに小さな穴があり、そこから細菌が入り赤く炎症して赤く大きく腫れたりします。
顔や背部によく出来やすいけど体全体に出来ます。赤く腫れたしこりを潰すと膿が出てきて痛みが治まることはりなすが、皮膚の下に袋があるのでそれを手術で摘出しないと何度でも出来ます。無理に自身で処理せずに早めに医師に相談して適切な処置を受けることが望ましい。

粉瘤 (アテローム)の原因
粉瘤は、皮膚科では珍しくない良性の腫瘍で、皮脂や垢、古くなった角質などの老廃物が、皮下にあるのう胞と言われる袋状の中に溜まることが原因でできるおできの様なものです。
また、皮脂腺の異常や生まれつきのう胞を持っている、免疫力の低下、皮膚内部に表皮細胞が入り込むために定着することとも関係がありますが、いまだに明確な答えは見つかっていません。

粉瘤 (アテローム)の検査と診断
粉瘤はしこりになって現れるので、患者本人も触って違和感を感じます。他の腫瘍性疾患と区別がつきづらい場合の検査方法として、MRIを使う場合もあります。この疾患の根本原因はまだ不明ですが、なりやすい体質の人は何度かこの疾患で悩むこともあります。
ですが、悪性ではないので簡単な手術で取ることができます。
進行性の場合は、大きくなると手術痕も大きくなります。医者と相談して早期に摘出した方がよいでしょう。

粉瘤 (アテローム)の治療方法
粉瘤とは皮膚に出来てしまう瘤のようなデキモノです。これは皮膚の中の毛穴の袋に炎症を起こしてしまい、次第に中に膿がたまりどんどん大きくなります。炎症が起きると少し触れただけでも痛みが走ります。これの治療法はメスなどで患部から膿をとります。
しかしそれだけではまた繰り返し膿が溜まる心配がありますので、手術で膿の溜まる袋を除去する方法もあります。

粉瘤 (アテローム)の初診に適した診療科目


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ