変形性肘関節症ヘンケイセイチュウカンセツショウ

変形性肘関節症はどんな病気?
変形性肘関節症とは、その名の通り肘の関節が変形してしまうような病気です。何らかの原因が存在する場合もあれば、原因が不明な場合もあります。原因が明らかなケースとしては、肘の骨折や卓球などがあげられます。安静な状態では痛みは治まる傾向にありますが、肱を曲げたり伸ばしたりして動かすことによって痛みが強くなってしまうといわれています。


変形性肘関節症の症状
変形性肘関節症の症状としては、長時間の作業であったりスポーツなどで負担をかけすぎてしまった場合などに肘に痛みがでてきてしまいます。変形などがすすんでいくにつれて関節の動きがどんどん悪くなっていってしまいます。肘が完全にのばすことが出来なくなる他に日常生活などにも支障がでてきてしまうことがあります。神経圧迫による麻痺もあります。

変形性肘関節症の原因
変形性肘関節症の原因としてあげられるものが、加齢などによることが要因の関節症や骨折や脱臼などの外傷が要因となっておこる関節症とがあります。またその他にはスポーツなどの肘を酷使していく野球やテニスなどがひきがねとなって起こる場合もあります。その他に日常的に肘をつかっていく大工仕事をおこなっていく場合にもなりやすくなっています。

変形性肘関節症の検査と診断
スポーツ選手に多い変形性肘関節症。病院にて検査方法は、まずはレントゲン撮影から始まり以降は、医師判断によりリハビリを長期間となることも。普段はサポーターやベルトで固定をします。しかし年齢の衰えも影響して手術をするが数回も手術を受ける事も例外では有りません。けれど自宅でも出来る療法を医師のアドバイスによっては可能です、マッサージなど有ります。

変形性肘関節症の治療方法
変形性肘関節症の治療法についておこなわれていくのが、安静にしていくことになっていきます。その後にホットパックであたためたり電気治療などの理学療法を学んでいく事になります。それにへいこうして湿布や痛み止めなども用いていく事になっていきます。また手術などをおこなっていき増殖してしまった骨などを切除する関節形成術もおこなわれていきます。

変形性肘関節症の初診に適した診療科目

変形性肘関節症の専門外来

関連部位から他の病名を探す

変形性肘関節症に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ