小児気管支ぜんそく(喘息)ショウニキカンシゼンソク

気管支喘息は空気の通り道である気管支がアレルギーなどで炎症を起こし過敏になり、何かの刺激で腫れたり痰がでたりして狭くなり呼吸が苦しくなる慢性の病気です。小児の気管支喘息は成人の喘息に比べてアレルギー体質が原因のことが多くなっています。ほこり、ダニ、カビ、花粉、ペットの毛、タバコの煙などです。天候の変化やかぜなどのウイルス感染も発作の引き金になります。近年、喘息の本体は慢性の気道の炎症であり、これに伴って気道の過敏性が起こり急性の気管支の狭窄や分泌物の増加をきたすと考えられるようになりました。 小児の症状は、喘息の咳はかぜの咳と違って、発作性に反復して起こり、気管支が狭くなっているため息を吸うよりも吐くことが困難で、「ヒューヒュー、ゼーゼー」といった痰の絡んだ咳が特徴です。 夜になって喘息発作が起きて寝付けないこともあります。

小児気管支ぜんそく(喘息)の初診に適した診療科目

小児気管支ぜんそく(喘息)の専門外来

小児気管支ぜんそく(喘息)の専門医

小児気管支ぜんそく(喘息)に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ