ガングリオン

ガングリオンはどんな病気?
ガングリオンとは、中にゼリー状の物質が詰まった腫瘍のことです。手足などの関節にでき、多くは良性です。通常は無痛ですが、しばしば神経のそばにでき、その神経を圧迫して痛みを引き起こします。ひどいときは痺れや運動麻痺などを引き起こすこともあります。痛みが強い場合は治療が必要です。治療では患部に注射器を刺して内容物を吸い出します。


ガングリオンの症状
ガングリオンの症状とは、皮膚が丸く盛り上がってきます。これは人体の間接部分に起こる事が多いです。きになって指で押してみると弾力性があります。しこりのように触ると場所を移動したりもしないです。そして触っても衣服にすれても痛みは全くなく、不快感もないのです。ただ違和感を感じてしまうのはぽっこりと膨らんだ見た目だけなのです。

ガングリオンの原因
ガングリオンが出来てしまう詳しい原因は未だ分からないのが現状です。ただ、サッカーやテニス、格闘家など関節を酷使する人に多いのもまた事実です。しかしながら若い女性にも見られる症状であり、隣の部位や屈筋・伸筋のこわばり、手首ならば足首、背骨の歪みなども悪影響を及ぼしていると見られます。とはいえ良性腫瘍なのでそれほど心配することはありません。

ガングリオンの検査と診断
ガングリオンの検査方法は、その検査の方法から直ちにそれだと判断できるような、簡単なものです。その病気の原因や症状の項目を見ていただければわかるように、体内にある黄色いゼリー状のものがしこりとなって出てくるわけですから、その内容物を目視によって確認すれば良いわけです。したがって、その内容物を針を刺すことによって吸引し、黄色いゼリー状のものが出てくればそれだと判断されます。

ガングリオンの治療方法
ガングリオンを治療するには注射器で内容物を取り出す「穿刺」や手術やレーザー治療などによる「摘出」などが挙げられます。直接的に何か施す治療法とは対照的に、特に何も手を施さない「放置」という手段もあります。発展の段階によって処置方法が異なりますが、いずれの場合も簡易的な処置で済みます。気づいたら消失していた、といった報告もあります。

ガングリオンの初診に適した診療科目

ガングリオンの専門外来

ガングリオンに関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ