見当識障害ケントウシキショウガイ

見当識障害はどんな病気?
相手や周囲の状況、時間、場所など自分自身が置かれている状況などが正しく認識できない障害です。脳血管障害、アルツハイマー病、統合失調症、認知症の患者などに見られます。


見当識障害の症状
脳梗塞などの脳血管障害、アルツハイマー病、統合失調症を原因に症状が現れます。

見当識障害の初診に適した診療科目

関連部位から他の病名を探す

見当識障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ