血管運動性鼻炎ケッカンウンドウセイビエン

血管運動性鼻炎はどんな病気?
血管運動性鼻炎とは、鼻過敏症ともいい、症状としては、くしゃみや鼻水鼻づまりといった体外からの異物を排除する働きが過剰に行われる病気です。原因がはっきりとはしていませんが、鼻粘膜の自律神経の異常で上記の症状がでます。原因としては、外気の急激な温度変化やタバコの煙などにより、鼻粘膜の自律神経が異常をきたし起こるものだと考えられます。


血管運動性鼻炎の症状
血管運動性鼻炎の症状は、鼻詰まりになりやすくなります。花粉症ではなくても、いつも鼻が詰まってしまうので、非常に苦しいです。ティッシュの消費量も自然と多くなってしまい、経済的にもあまり良くはありません。鼻が詰まるとストレスにもなります。精神衛生的にも良くないので注意が必要です。最近、鼻が詰まりがちだと感じたら耳鼻科に行きましょう。

血管運動性鼻炎の原因
血管運動性鼻炎のは、未だにはっきりした原因は不明とされています。しかし、暖かい部屋から外へ出て、冷たい外気に触れるなどの急激な温度変化や、たばこの煙、飲酒、化粧品の吸入、精神的なストレス、妊娠などの刺激が、鼻の自律神経に触れおかしくなり、正常なはたらきが出来なくなり鼻炎がおこると考えられています。アレルギー性鼻炎とは全く異なります。

血管運動性鼻炎の検査と診断
血管運動性鼻炎の検査方法は、まず患者がくしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状をいつおこすかを調べます。そしてその結果を考慮しつつ、鼻汁検査で鼻汁中の好酸球の有無を調べたり、特異的IgE抗体検査で採血してIgE抗体がどのくらい存在するかなどを調べる他、皮膚テストで抗原のエキスを注射して反応を見たり、鼻粘膜誘発テストを行い抗原エキスの影響をみます。

血管運動性鼻炎の治療方法
専門の医師による診察を定期的に受けることで、手術を受けることなく鼻炎の悪化を食い止める事が出来ます。アレルギー性の鼻炎の場合は、ホコリがある場所へ出かけるのを極力控えると、症状を悪化させる事がありません。外出の際にマスクを着用すれば、効果的に発症を抑制する事が出来ます。抗アレルギー薬を投与する治療法で、血管運動性鼻炎を治すことが可能です。

血管運動性鼻炎の初診に適した診療科目

血管運動性鼻炎の専門外来

血管運動性鼻炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ