扁桃炎ヘントウエン

扁桃炎はどんな病気?
人間の喉の部分に扁桃腺があって、様々な病気の要因によって扁桃腺が腫れる病気である扁桃炎とは、扁桃腺が腫れる病気として定義していて、一般的な病気は風邪によって腫れます。扁桃腺の炎症を引き起こす起因であるウイルスの進入によって、体内への侵入を防止するために腫れます。扁桃腺が腫れる病気の症状は、飲み込む時にのどが痛くなって高熱と咳を伴います。

扁桃炎の症状
扁桃炎は初期では飲み込む時に喉に違和感を感じる、赤く腫れる、痛みがあるなどの症状があらわれます。急性になると40度近い高熱が出て、寒気や全身の関節痛、倦怠感、喉の強い痛み、頚部リンパ節の腫れなどがあらわれます。また中耳炎を併発してる場合は耳の痛みもでます。炎症がひどくなると扁桃の表面に白い苔のようなものがつきます。これは膿栓といいます。

扁桃炎の原因
扁桃炎の原因には、細菌感染によるものと、ウイルス感染によるものがあります。細菌感染の場合には、肺炎球菌、溶連菌、インフルエンザ菌によって引き起こされ、ウイルス感染の場合には、アデノウイルスやエンテロウイルスなどにより引き起こされます。風邪や疲労、気温の変化、暴飲暴食、喫煙、ストレスなどの要因によって感染することが多いです。

扁桃炎の検査と診断
喉の奥にある扁桃が炎症を起こす扁桃炎は、細菌によってこの場所に痛みを感じるなどの異変がおきるものですので、その検査方法としてはまず喉の奥の扁桃を診ることが大切です。これにより喉の奥が腫れていたり、膿んでいたりした場合はその可能性が高いといえます。また他にも血液検査をして、白血球の数が増えているかどうかを調べる方法もあります。

扁桃炎の治療方法
扁桃炎の治療法は、まず身体を休めて安静にし、うがいをする事は効果的です。また薬剤の治療を行いますが、抗生物質を用いて細菌を減らしていき、熱や痛みを伴う場合は消炎鎮痛剤を用いたり、口の中やのどを清潔に保つ為にうがい薬なども使用します。炎症が強い場合、水分や食べ物の摂取も難しくなりますので気を付け、抗生物質の注射や点滴を行います。何度も繰り返す場合は、扁桃の摘出手術を行う場合もあります。

扁桃炎の初診に適した診療科目

扁桃炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ