嗅覚障害キュウカクショウガイ

嗅覚障害はどんな病気?
一般的に、嗅覚障害のとは、嗅覚が感知しなくなるなどの障害です。また、これらの症状が起きる原因とは、アレルギー性鼻炎などで鼻が詰まる場合などに起きます。また、これらの症状が発生した場合には、臭いの嗅ぎ分けなどが不可能になるために、実生活に大きな制限を起こすことになります。このため、鼻炎などを防止する必要があるために、医者などに通う必要があります。


嗅覚障害の症状
嗅覚障害の症状とは、まず匂いを感じる事が出来なくなります。人は様々な匂いを感じ取りますが嗅覚に障害がでると匂いを感じなくなります。美味しそうな食べ物の匂いや、香水、そして時にガス漏れや焦げ臭い匂い等の人に危険を知らせる匂いも分からなくなるのです。悪臭も分からなくなるので、人に部屋の匂いを指摘されても自身で自覚する事は出来ないのです。

嗅覚障害の原因
嗅覚障害は鼻炎や蓄膿症がきっかけで臭いを感じることが出来なくなります。また風邪のウイルスによって嗅粘膜自体に影響が出て嗅覚に影響があることもあります。何かしらの病気が引き金になって嗅覚に障害が出ることが多いのです。頭部の外傷が原因で嗅覚に障害がでてしまうこともあるのです。加齢によって嗅覚に障害が出てしまうこともあります。

嗅覚障害の検査と診断
嗅覚障害の検査方法は、耳鼻咽喉科にいくことから始まります。まずは問診をやってみてい、いつごろからにおいの感じ方に変化がでてきたのか、という部分や、いったいどのようなにおいがわかって、どのにおいがわからないのか、という感覚的な部分を問うのです。さらに鼻鏡検査をやってみて、直接鼻の中を覗きこんでリ、またはX線検査によって鼻孔の中を詳しく調べることで判断します。

嗅覚障害の治療方法
嗅覚障害の治療法は、病状の原因に対する各種の治療薬の投薬です。アレルギー性鼻炎が原因であるならば、抗アレルギー薬を投薬します。また副鼻腔炎が原因であった場合には、マクロライド系抗生物質などを投薬することで治療を行います。またそれらの治療に平行して、ステロイド点鼻療法を点鼻することによって、病状の改善治療に役立てられます。

嗅覚障害の初診に適した診療科目

嗅覚障害に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ