鼓膜炎コマクエン

鼓膜炎はどんな病気?
鼓膜炎は、鼓膜に限局した炎症が起きる病気で、主に風邪などと伴い起きますので、単独におこる事は比較的少ないです。そして鼓膜に水疱の生じる水疱性と、びらんや肉芽の生じる肉芽腫性の二つに分けられます。軽度の難聴や耳の痛みが起きますが、治療では水疱性と肉芽腫性では違い、水疱性は鼓膜の切開や水疱を潰し、肉芽性では、鉗子で取り除いたり、薬で焼き潰します。


鼓膜炎の症状
鼓膜炎は、鼓膜に限局した炎症が起きる病気で、主に風邪などと伴い起きますので、単独におこる事は比較的少ないです。そして鼓膜に水疱の生じる水疱性と、びらんや肉芽の生じる肉芽腫性の二つに分けられます。軽度の難聴や耳の痛みが起きますが、治療では水疱性と肉芽腫性では違い、水疱性は鼓膜の切開や水疱を潰し、肉芽性では、鉗子で取り除いたり、薬で焼き潰します。

鼓膜炎の原因
鼓膜炎の原因は、耳かきなどで外耳道を傷つけたりすることでできる外耳道の炎症が鼓膜まで炎症が広がった場合と、耳垢がたまって外耳道を塞いでしまったことにより起こる耳垢栓塞が鼓膜まで広がり鼓膜が炎症を起こす場合があります。また、インフルエンザウイルスや細菌感染が、きっかけとなる可能性も指摘されていますが、現時点では明らかにはなっていません。

鼓膜炎の検査と診断
鼓膜炎の原因は、耳かきなどで外耳道を傷つけたりすることでできる外耳道の炎症が鼓膜まで炎症が広がった場合と、耳垢がたまって外耳道を塞いでしまったことにより起こる耳垢栓塞が鼓膜まで広がり鼓膜が炎症を起こす場合があります。また、インフルエンザウイルスや細菌感染が、きっかけとなる可能性も指摘されていますが、現時点では明らかにはなっていません。

鼓膜炎の治療方法
鼓膜炎の検査方法とは、まず耳の中を見る事が必要になります。今では耳の中に小さなカメラを入れてモニターでうつし出す事が可能です。これは細い管の先に小さな小型カメラがついており、これを耳の中に直接挿入します。するとモニターに鼓膜の状態がうつし出されるのです。それで炎症の度合いや病状が詳しく確認する事ができますから、直ぐに適切な治療を行う事ができます。

鼓膜炎の初診に適した診療科目

鼓膜炎に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ