斜視シャシ

斜視はどんな病気?
斜視になると片方の目は目標の方向を向いてるのですが、もう一方の目が目標から外れた所を向く場合があります。常時両眼の視線が一致してない場合もありましたら、普段は視線が一致しても時より一致しない場合もあります。さらに多くの種類がありますので、その種類に合わせた治療法が必要になります。また主な原因としては眼球を動かす筋肉や神経の異常状態が考えられます。


斜視の症状
斜視とは、片方の目は見るべき方向に真っ直ぐ向いているが、もう片方の目は内側や外側、もしくは上や下を向いている症状を言う。左右の目がそれぞれ異なる方向を向いている為、両眼視差により立体的にものを見ることが困難になる。他にも、見ている対象が二つに見える複視が生じることもある。両眼視差による立体視はおおよそ2歳までに形成される。

斜視の原因
斜視は、眼球の位置が異常で、意識していなくても両眼が常に同じ方向を向いていたり、そっぽを向いていたりします。このような場合の原因は、そのほとんどが先天性の異常によるものが多く、眼球を動かす筋肉が平衡状態の異常、屈折異常、片眼失明などによるものです。麻痺性の場合は、脳性疾患、外傷などによる眼の筋肉が麻痺していると起こります。

斜視の検査と診断
斜視の検査方法としては、視力検査をして視力に異常がないかどうか、屈折検査をして遠視・近視・乱視はないかどうか、眼底検査をして目が正しい位置にあるかどうか、眼球運動検査をして内外・上下に正しく眼球は動いているか動き悪くないかどうか、近くを見るときに目が内よせするかどうか、そして弱視がないかどうかといったことをしらべます。

斜視の治療方法
斜視になった場合、治療法が有効に機能するためには緊急の治療が要されます。眼科医の診断を受けることが重要です。症状が軽い場合、ここでは片方の目に異常がない場合、遮蔽具と呼ばれる、目を見えなくする器具を用いて、異常のある方の目を多く使わせます。両方の目に異常がある場合、手術による治療が適切です。早期発見が回復の鍵となります。

斜視の初診に適した診療科目

斜視の専門外来

斜視に関する書籍はこちら


この病気についてのコメントなどございましたら、よろしくお願いします

このページの先頭へ