墨田区 両国 ペインクリニック 整形外科 スポーツ整形外科 リウマチ外来 腰痛外来 認知行動療法 

医療法人社団ことのは両国きたむら整形外科

〒130-0026 東京都墨田区両国3-19-5 シュタム両国ビル2階
公式情報 このビジネスはオーナーまたはマネージャーによって登録されています。
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
診療科目
最寄り駅
病院概要
医師が薦める
口コミ名医・病院情報
お医者さんからの口コミ1

両国きたむら整形外科のアピールポイント

東京都墨田区両国にある両国きたむら整形外科は、JR両国駅東口から徒歩5分にある整形外科です。
一般整形外科、内科、スポーツ整形外科、こどものスポーツ障害治療、リウマチ外来(関節リウマチ)、腰痛外来、骨粗しょう症外来、交通事故外来、認知行動療法を得意としており、休日診療も行っております。
また、健康診断は8,000円から結果翌日渡しとなっております。
慢性的な痛みについてもお気軽にご相談下さい。
頼れる「街のお医者さん」でありながら、腰痛とスポーツ整形外科の
分野においてトップレベルの治療を提供できる医院を目指します。

病院情報

病院・クリニック名 医療法人社団ことのは 両国きたむら整形外科
院長 北村 大也 北村 大也 医師紹介はこちら
所在地 〒130-0026
東京都墨田区両国3-19-5 シュタム両国ビル2階
最寄り駅
電話 03-6659-5173
診療科目
診療時間
整形外科 の診療時間
時間
09:30~12:30
15:00~19:00
※ 午後の最終受付は18:30となります。

休診日について

土曜午後/日曜/祝日/年末年始

外来受付時間・休診日は診療科目によって異なることや変更になっている場合があります。 事前に必ず医院に直接ご確認ください。
アクセス方法 ・総武線 両国下車 徒歩2分墨田区循環バス南
・「勝海舟・吉良邸跡入口」 徒歩3分都営バス 門33系統 「緑一丁目」 徒歩5分都営バス 錦27・両28系統 「緑一丁目」 徒歩5分
・大江戸線 両国下車 徒歩4分
・新宿線 森下下車 徒歩7分
専門医
専門外来
出身医学部・歯学部
ホームページ

診療案内

診療科目について

一般外科のほか、特に腰痛外来、スポーツ整形外科、こどものスポーツ整形外科に力を入れております。患者さんが抱える痛みや悩み、こうなりたいという要望をじっくりとお聞きします。
それを基に専門的な知識と治療法を提案し、一緒に治療を行っていきます。
 
一般整形外科
 
整形外科は、骨や関節、筋肉のけが、痛み、知覚障害、運動障害などを診療する専門外来です。身体の芯になる骨・関節などの骨格系とそれを取り囲む筋肉や、それらを支配する神経系からなる運動器の機能障害や、外傷による損傷を診断・治療します。 
具体的には、骨折、脱臼、切り傷、打撲などの外傷をはじめとして、肩こり、腰痛、膝痛など、日常的に起こる体の痛みや違和感などを扱います。 
当院ではお子様から成人、ご高齢者まで、あらゆる年齢層の患者さんの診療をいたしますので、ちょっとしたけがや痛みのことなど、お気軽にご相談ください。

◆ このような症状がありましたら、ご相談ください。
  • 首、腰、肩・腕・肘・手、脚・膝・足の痛み
  • 肩こり
  • むちうち
  • 手や足などのしびれ
  • 骨折、打撲、脱臼、捻挫、火傷、各種外傷
  • スポーツによる故障、運動中の体幹・四肢の痛み 
症状 考えられる主な疾患
首の痛み、肩のこり 頚椎症、頚椎捻挫(むち打ち症)、頚椎椎間板ヘルニア
肩の痛み 肩関節周囲炎(五十肩)、腱板損傷
腰の痛み 腰椎椎間板ヘルニア、変形性腰椎症、骨粗しょう症 、腰部脊柱管狭窄症
足の痛み 痛風、扁平足、外反母趾
肘の痛み 上腕骨外側上顆炎、内側上顆炎(テニス肘)
膝の痛み 変形性膝関節症、靭帯損傷、半月板損傷、オスグッド病(小児)
手、手首の痛み 関節リウマチ、腱鞘炎、手指変形性関節症
ももの付け根の痛み 変形性股関節症、単純性股関節炎
手のしびれ 頚椎椎間板ヘルニア、手根管症候群
足のしびれ 腰椎椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、慢性閉塞性動脈硬化症
  
専門外来

◆ スポーツ整形外科
スポーツによる怪我や障害、痛みにかんして治療を行うのがスポーツ整形外科です。
各種さまざまなスポーツの運動内容を理解し、早期の復帰を目指した治療と指導を行います。
当院では、スポーツ経験豊富な医師が最新のスポーツ医科学による治療を提供いたします。

◆ こどものスポーツ整形外科
特に部活動やクラブチームでスポーツに励む子どもたちにとって、けがはつきものです。
回復のために運動を制限することも大切ですが、当院では、子どもたちが「どうしたいか」を最優先に考えます。
目指していた大会にどうしたら出られるかなど、「今やりたいこと」と「将来に向けて必要なこと」のバランスを取りながら、治療方針を決めていきます

◆ リウマチ外来
リウマチ(関節リウマチ)は、本来なら病原菌などの外敵を攻撃するはずの免疫が暴走して自分自身の体を攻撃し(自己免疫)、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。
炎症は関節だけでなく目や肺など全身に拡がることもありますし、微熱や倦怠感、食欲不振などの症状が現れることもあります。
進行すると骨や軟骨に小さな欠損部(骨びらん)ができたり、さらには関節の破壊や変形をきたしたりすることもあり、日常生活が少なからず制限されてきます。

◆ 腰痛外来
3ヶ月以上続く痛みを慢性疼痛といいます。
骨折や捻挫のようなケガは組織が修復されるに従って痛みが落ち着いてきますが、膝の加齢による変形などは変形が元に戻る訳ではありませんので、痛みが長く続くことになります。
長引く腰痛などでお困りの方は当院へご相談ください。

◆ 骨粗しょう症外来
骨粗しょう症は、骨量が減少し、骨が弱くなり、骨折しやすくなる疾患です。
骨粗しょう症自体は無症状ですが、骨折を来たすと痛みが発生します。
しかし、特に痛みを伴わずに骨折を生じることもあります。

◆ 交通事故外来
当院は“整骨院”を併設しております。そのため、整形外科専門医の診断と治療だけでなく、医師の指示の元に、有資格者による丁寧かつ的確な施術を行うことが可能です。
下記のような方は、ぜひ当院にご相談ください。
  • 病院を受診してX線で異常が無いと言われたのに、症状は残っている
  • 病院での治療は薬を出すだけなので不満に感じる
  • 整骨院に通院しているけど、症状が少しも良くならない
◆ マインドフルネス
マインドフルネスは、自分が「今ここ」で経験していることに、意図的に、評価や判断をせずに(偏見なく)注意を向けることです。
慢性的な痛みを抱える方や不安やうつで悩む方への治療法として活用されていて、マインドフルネスを取り入れた認知行動療法も開発されています。
これまでの認知行動療法が、痛みを抱える方の思考や行動の悪循環を修正しようとするものだとすると、その痛みや思考,感情と一定の距離をとることで痛みの過度な影響力を和らげるのが、マインドフルネスです。

◆ 認知行動療法
適切な治療を施しているにもかかわらず、なかなか治らない慢性的な痛みへのアプローチとして注目されているのが、「認知行動療法」です。認知行動療法は、もともと不安障害やうつ病の方に対する治療として高い効果が確認されている心理療法で、近年では「身体の痛み」に対しても活用されています。認知行動療法は、人の認知(=思考)や行動のクセに焦点を当てるもので、先に説明したような悪循環によって痛みが悪化してしまった方に、ネガティブな思考や回避的な行動を変えていくお手伝いをするものです。

◆ スポーツ部門
トレーナー派遣や各種イベント・セミナーなどを開催しております。スポーツは常に結果を求められています。当院では、選手やチームをトータルでサポートが出来る体制を整えております。
  • 障害予防に対する取り組み
  • 起こり得る可能性のあるスポーツ障害の予防
  • 起こってしまった障害からの早期復帰と再発予防
  • パフォーマンスアップのための医療とのトータルサポート
 
両国東口健診・人間ドック専門外来

両国きたむら整形外科グループの健康診断は、早くて便利をモットーに行っております。
うっかり健康診断を受けるのを忘れて、会社からスグに健康診断を受診するように言われても大丈夫です。
両国きたむら整形外科グループの健康診断は受診の翌日15:00以降に、郵送なら翌日発送で結果を早くお渡しすることが可能です。
8,000円からとリーズナブルな金額で両国駅から5分とアクセスがよく、便利に活用していただけます。
また、健診内容も不安なことやご希望を確認の上、必要かつ十分なものをご案内致します。
画像診断が必要な時は専門のクリニックと提携しているのでご安心ください。


詳しくは下記ホームページを御覧くださいませ。
両国東口健診・人間ドック専門外来ホームページ
 

医師紹介

北村 大也
院長

北村 大也キタムラ ダイヤ

略歴
2001年  東京医科歯科大学医学部 卒業
             同大学整形外科教室 入局
             関連病院に勤務
2007年  医療法人AR-Ex都立大整形外科クリニック
             スポーツ整形・リハビリテーション
2010年  帝京大学医学部麻酔科勤務
2011年  医療法人 鶴亀会 小金井つるかめクリニック
             整形外科・一般内科・総合診療
2012年  医療法人 鶴亀会 新宿海上ビル診療所
             整形外科・一般内科・総合診療・産業医療
2014年  両国きたむら整形外科 開院
専門医資格
日本整形外科学会 整形外科専門医
その他資格
日本整形外科学会認定リウマチ医
麻酔科標榜医
日本医師会認定産業医
所属学会
ペインクリニック学会 
日本運動器疼痛学会 
大内 洋
医師・医学博士

大内 洋

略歴
2001年3月 東京医科歯科大学医学部 卒業
2001年5月 長野厚生連佐久総合病院
2003年6月 日産厚生会玉川病院
2004年6月-2008年2月 医療法人アレックス佐久平整形外科クリニックスポーツ関節鏡センター
2004年7月 大脇病院(スポーツ整形外科非常勤)
2005年7月 軽井沢病院関節スポーツ外来(非常勤)
2008年3月 当院 整形外科部長代理として着任
2008年3月-9月 アメリカTaos Orthopaedic Institute にInternational Fellowとして留学
2009年7月 亀田総合病院スポーツ医学科部長に就任
専門医資格
日本整形外科学会 整形外科専門医
その他資格
日本整形外科学会認定スポーツ医
日本体育協会公認スポーツドクター

日本医師会認定健康スポーツ医
日本水泳連盟医科学スタッフ
日本水泳連盟アンチ・ドーピング委員
日本オリンピック委員会強化スタッフ(医・科学スタッフ)
全日本ウィンタースポーツ専門学校非常勤講師
IOC Diploma in Sport Medicine
Arthroscopy “The Journal of Arthroscopic and Related Surgery” Editorial Board
Orthopaedic Journal of Sports Medicine Editorial Board
Journal of Medical Ultrasonics reviewer
臨床修練指導医

千葉県臨床研修指導医
日本整形外科学会指導医講習会受講
オルカ鴨川FCチームドクター
水泳ナショナルチーム帯同ドクター
千葉ロッテマリーンズ秋季キャンプドクター
所属学会
アメリカ整形外科学会(AAOS)
アメリカスポーツ整形医学会(AOSSM)
北米関節鏡学会(AANA)
国際関節鏡膝関節スポーツ整形医学会(ISAKOS)
日本整形外科学会
日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会(JOSKAS)(評議員)
日本整形外科スポーツ医学会
日本臨床スポーツ医学会
日本肩関節学会
日本整形外科超音波学会(幹事)
服部 惣一
医師・医学博士

服部 惣一ハットリ ソウイチ

略歴
1997年 国際基督教大学教養学部教育学科卒業
2004年 東海大学医学部卒業・亀田総合病院初期研修医
2006年 亀田総合病院救命救急科後期研修医
2009年 亀田メディカルセンター整形外科医員
2013年 亀田メディカルセンタースポーツ医学科医長 
2016年 東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 臨床解剖学
2017年 亀田メディカルセンタースポーツ医学科部長代理
専門医資格
日本救急医学会 救急科専門医
その他資格
IOC diploma in Sports Medicine(2016)
Immediate Care in Sports Instructor (2016)
Medical Educator in World Rugby (2016)
日本体育協会公認スポーツドクター (2014)
Clinical Instructor for Foreign Medical Practitioner (2013)
日本整形医学会専門医
ECFMG certified

医師が薦める口コミ名医・病院情報

両国きたむら整形外科への口コミ名医・病院情報

1
北村 大也
特にスポーツ整形外科をおすすめします

先生ご本人もスポーツを頻繁にやられているので、親身になって相談にのっていただけます。TV出演も多いですが、最近はYoutubeも始めれらたみたいです。
整形外科 スポーツ難治性疼痛外来 PRP療法 ランニング障害 投稿日 2020/08/20

現在、両国きたむら整形外科の求人情報はホスピタにはございません。
ホスピタ提携「ナース人材バンク」では、あなたの条件にあった求人の紹介が受けられます。
ご利用は完全無料です。あなたにぴったりの求人をご紹介いたします!
ご希望条件はもちろん、転職の不安、お悩み含めて何でもお気軽にご相談いただけます。どうぞご利用ください。

ナース人材バンク
住所:〒130-0026 東京都墨田区両国3-19-5 シュタム両国ビル2階
Googleマップで見る  Googleマップでルートを見る
電話:03-6659-5173

メールで送信

※ドメイン指定受信を設定されている方は「hospita.jp」を追加してください。
※送信した携帯メールアドレスは保存及び他の目的のため利用することはありません。
携帯メールアドレス
メモ

バーコードを読み取る

スマートフォン用

https://www.hospita.jp/sp/detail/1271774/

携帯電話用

https://www.hospita.jp/fp/detail/1271774/
このページの先頭へ