子供のワクチン特集

接種を要するワクチン・接種可能なワクチン

定期接種

  • 三種混合(DPT)
  • BCG
  • ポリオ
  • MR(麻しん風しん混合)
  • 日本脳炎

任意接種

  • ヒブ
  • 小児用肺炎球菌
  • みずぼうそう(水痘)
  • おたふくかぜ
  • インフルエンザ
  • 子宮頸がん
  • A型肝炎
  • B型肝炎

お子様へのワクチン接種

子どもの感染症は予防が第一です。 乳幼児期は病気に対する抵抗力が未発達なため、さまざまな感染症にかかります。そして感染していくことで免疫をつけながら成長していきます。しかし、子どもがかかりやすい感染症は、かぜのように軽いものだけではなく、中には、確実な治療法がなくて、深刻な合併症や後遺症をおこしたり、命を落とす危険がある病気もあります。そうした感染症にかからないように、まず予防することが大切です。 感染症を予防するのに、安全で確実性の高い方法が予防接種です。予防接種は、対象となる病気の菌やウイルスなどを用いてワクチンを作り、それを体内にいれることによって免疫が作られます。これによって、対象の病気から子どもたちを守ります。
しかし、その一方でデメリットがあることも忘れてはなりません。予防接種をすることで重篤な副反応が起きたり、受けたにも関わらずその病気になったり・・・といった事例も報告されています。そのため、最近では、受けるべきか悩む方も増えているようです。予防接種を受けても、つくられた免疫量が少なかったり、体調がよくない時などは、病気にかかってしまうことがあります。しかし、予防接種である程度免疫が作られていれば、症状が軽くすむことが多いので予防接種はしっかりと受けましょう。まずは、かかりつけのお医者様に相談し、納得されたうえで接種してください。

ワクチン接種費用について

日本で接種できるワクチンは、定期接種と任意接種に分けることができます。 定められた期間内に接種する定期接種は、たいていは公費(無料)で実施されます。一方、任意接種は、 受けるか受けないかは個人の判断にまかされている予防接種で、全額自己負担、もしくは一部負担です。
任意接種の費用は、決して安い金額ではありません。しかし、ワクチン接種で大切なお子様のVPD※を予防できるのですから、無駄にはならないのではないでしょうか。(各ワクチンの詳細ページでは、料金の目安をご覧いただけます。助成制度については各自治体にご確認ください。)


※VPDとは、Vaccine Preventable Diseasesの略です。
 Vaccine=ワクチン
 Preventable=防げる
 Diseases=病気
 つまりVPDとは「ワクチンで防げる病気」という意味になります。

ワクチンの種類

生ワクチン

生ワクチンは生きた細菌やウイルスの毒性を弱めたもので、これを接種することによってその病気にかかった場合と同じように抵抗力(免疫)ができます。
副反応としては、接種後から体内で毒性を弱めた細菌やウイルスの増殖がはじまることから、発熱や発疹の軽い症状がでることがあります。また、もともとの病気のごく軽い症状がでることがあります。 十分な抵抗力(免疫)ができるのに約1ヶ月が必要なため、ワクチンの種類に関わらず、他のワクチン接種まで1ヶ月の間隔をおきます。

不活化ワクチン

不活化ワクチンは、ウイルスや細菌の病原性(毒性)を完全になくして、免疫を作るのに必要な成分だけを製剤にしたものです。接種しても、その病気になることはありませんが、1回の接種 では免疫が充分にはできません。ワクチンによって決められた回数の接種が必要です。接種後はどの種類のワクチンでも1週間間隔をあければ接種できます。

このページの先頭へ