東京メトロ東西線 九段下駅の総合診療科

追加の条件

選択された条件では見つかりませんでした。
スポンサーリンク
【診療領域】
総合診療科は患者さんの話をよく聞き、よく診察するといった、患者さんの全身を見ることに長けた科です。
この科にはこれまでの臓器別に分かれた科の診察では診断できないような難しい症状を抱えた患者さんが多く訪れます。

【症状が起きやすい部位】
総合診療科は全身を診ることが得意な科なので、あらゆる患者さんの症状に対応しなければなりません。
特に多いのが原因不明の発熱です。発熱のほとんどはかぜであったり肺炎であったりどこか原因があるのですが、原因がよくはっきりしない場合、総合診療科が活躍する場面が多いです。

【主な対象疾患やその症状】
総合診療科でしばしば出会う病気はリウマチ性多発筋痛症という病気です。この病気は特に高齢者に多い病気で、持続する発熱とインフルエンザの時の様な筋肉の痛みがずっと続くような病気です。血液検査ではなかなか異常が見つからないのでしばしば見落とされがちです。
この病気で命にかかわるようなことは少ないですが、発熱が続けば体力を消耗してしまうので、この病気かと思う場合は、早めに総合診療科の専門の先生に診てもらって早めに治療してもらったほうがいいでしょう。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ