東京都杉並区阿佐谷北+人間ドックに対応可能な病院・クリニック

内科糖尿病内科循環器科呼吸器内科消化器科外科整形外科皮膚科リハビリテーション科放射線科在宅診療人間ドック

東京都杉並区阿佐谷北4-21-20

最寄駅

  • 阿佐ケ谷駅
  • 鷺ノ宮駅
  • 都立家政駅
電話番号 03-3337-3934
03-3337-3934
受付時間
09:00~12:00
14:30~18:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

当和光会では、患者様、ご家族の立場に立った良質なる医療サービスの提供を目指し、当法人の外来、在宅、入院診療、三者相互の連携の充実を目標に掲げ、高 次医療を要する場合は、連携… 続きを読む

【診療領域】
人間ドックを利用する患者は、自覚症状がなしに訪れる人が大半を占めており、自覚症状が出てから来る人はあまりいません。
人間ドックでは体重・視力のように学校で行うものから脳・心電図・腸など、体のありとあらゆる部位を調査します。

【症状が起きやすい部位】
人間ドックでは特に体の中で成長すると弱まっていく部分に症状が出ます。
加齢により弱まる脳、またホルモンバランスをはじめとして、肝機能や腎臓といった体の要所中の要所が主に人間ドックで特に見つかりやすい部位になります。

【主な対象疾患やその症状】
人間ドックでわかるもののうち多いのが肝機能障害で、肥満度の数値などからわかります。
体において代謝などのきわめて重要な働きをする肝臓が、肥満・アルコールの過剰摂取によって機能が失われていくことです。食欲不振や吐血などが主な症状ですが、これで症状が進行していくと肝臓がんになり、また肝臓の機能が失われる肝不全になることが考えられます。肝不全にまでいくと治療が困難なことから、肝臓の移植をすることも考えられます。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ