京王新線 新線新宿駅+健康診断に対応可能な病院・クリニック(4件)

追加の条件

呼吸器内科アレルギー科内科健康診断

東京都渋谷区代々木2-16-7 山葉ビル5F

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 南新宿駅
  • 都庁前駅
電話番号 03-5351-1081
03-5351-1081
受付時間
09:00~12:30
14:00~17:00
14:30~18:30

渋谷区に、谷本呼吸器内科クリニックはあります。新宿駅から徒歩5分にあり、通勤・通学に至便なクリニックです。谷本呼吸器内科クリニックでは、呼吸器内科、アレルギー科、内科を診療… 続きを読む

内科循環器科消化器科健康診断人間ドック

東京都新宿区新宿3-32-8 新宿中央口ビル3F

最寄駅

  • 新宿三丁目駅
  • 新宿駅
  • 新線新宿駅
電話番号 03-3356-3888
03-3356-3888
受付時間
09:00~12:30
14:00~17:30

新宿の繁華街の中に位置するそねクリニックは、JR新宿駅の中央東口から徒歩3分、丸の内線、新宿線、副都心線の停車駅である新宿三丁目駅のA1出口からは徒歩1分の場所にあり、非常にア… 続きを読む

内科循環器科消化器科泌尿器科外科小児科整形外科皮膚科アレルギー科リハビリテーション科健康診断人間ドック

東京都新宿区新宿2-5-12 FORECAST新宿AVENUE-3F

最寄駅

  • 新宿三丁目駅
  • 新宿御苑前駅
  • 新宿駅
電話番号 03-3225-1666
03-3225-1666
受付時間
09:00~12:30
14:00~17:30
09:00~12:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

副都心新宿にあり、新宿御苑からも近いヒロオカクリニックは、新宿御苑前駅、新宿三丁目駅より徒歩約4分、新宿駅より徒歩約10分という便利な立地にあります。ヒロオカクリニックには様… 続きを読む

心臓血管外科内科循環器科糖尿病内科漢方内科健康診断

東京都新宿区西新宿6-6-3 新宿国際ビルディング新館6F

最寄駅

  • 西新宿駅
  • 都庁前駅
  • 西新宿五丁目駅
電話番号 03-5325-6556
03-5325-6556
受付時間
09:00~18:00
09:00~20:00
09:00~12:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【診療領域】
健康診断は特定の医療機関で行われるもので、行政が主体となって行われるものもあります。労働者や一般人の健康状態を知るために全身の健康に関する検査をするものです。
社会人になればがんや生活習慣病の危険も増すので定期的な診断が求められています。

【症状が起きやすい部位】
健康診断では治療を主体とせず、体の異常を発見するためのものです。
特にがんや腫瘍、血糖値のようなものを測定していき、心身に異常がないかどうかを確かめるのが主な目的です。
心電図やMRI検査をすれば細部の異常も早期発見できます。

【主な対象疾患やその症状】
健康診断では不整脈や心臓関係の病気を発見出来るだけではなく、がんの病巣や体脂肪率から健康の度合いを知ることができます。
がんのような重い病気の場合には早期発見と早期対策・治療が欠かせないので健康診断での調査はとても重要です。しっかりと検査をしておかないと末期になってから症状に気づいて手遅れになる可能性もあります。最悪の事態を避けるために、最低年に1回の健康チェックは現代人には欠かせないものとなっています。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ