西武池袋線 石神井公園駅+漢方内科に対応可能な病院・クリニック

選択された条件では見つかりませんでした。
【診療領域】
漢方内科は、漢方治療をする内科のことを指します。
治療の対象は幅広く、例えばアトピー性皮膚炎の小児科の患者さんや、冷え性や生理通、不妊症で悩む婦人科の患者さんが受診されます。
西洋医学では改善が難しい症状を抱えた患者さんが多いのが特徴です。

【症状が起きやすい部位】
冷え性の場合は、主に手や足など四肢の末端に冷えを感じる症状が現れます。
西洋医学では冷え性という病態の認識はなく、治療薬もないため、冷え性の患者さんは漢方内科で漢方の処方を受けるケースが多く見られます。

【主な対象疾患やその症状】
また冷え症に関連して、頭痛や肩こりや便秘といった症状や、生理痛や不妊症といった婦人科の症状が引き起こされることもあります。
冷え性は自律神経のアンバランスによることが多く、女性ホルモンが深く関係していることが分かっていますが、詳しい原因は判明していません。そのため、病気の原因を直接的、あるいは間接的に除去する西洋医学的な治療が難しい症状です。近年では老若男女問わず、エアコンやストレスの影響や、また喫煙やダイエットなどの生活習慣により、冷え性は増加の傾向にあります。漢方内科を受診し、個人の体質・症状に合わせて漢方を服用することが効果的です。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ