西武新宿線 鷺ノ宮駅+リハビリテーション科に対応可能な病院・クリニック(5件)

外科整形外科リウマチ科リハビリテーション科

東京都中野区鷺宮3-20-9 ビラエス1階

最寄駅

  • 鷺ノ宮駅
  • 都立家政駅
  • 中村橋駅
電話番号 03-5327-5835
03-5327-5835
受付時間
09:00~翌12:00
14:30~翌18:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科神経内科消化器科循環器科皮膚科リハビリテーション科

東京都中野区鷺宮3-20-4 鷺宮医療ビル2F・3F

最寄駅

  • 鷺ノ宮駅
  • 都立家政駅
  • 下井草駅
電話番号 03-3339-2865
03-3339-2865
受付時間
09:00~12:30
15:00~19:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科整形外科皮膚科リウマチ科リハビリテーション科

東京都練馬区中村南3-12-4 ひかり壱番館1階

最寄駅

  • 鷺ノ宮駅
  • 都立家政駅
  • 中村橋駅
電話番号 03-5971-3601
03-5971-3601
受付時間
09:00~翌11:30
14:00~翌18:30
09:00~翌12:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

整形外科リウマチ科リハビリテーション科

東京都中野区白鷺3-15-10

最寄駅

  • 下井草駅
  • 鷺ノ宮駅
  • 富士見台駅
電話番号 03-3310-5216
03-3310-5216
受付時間
08:30~翌11:30
15:00~翌18:30
15:00~翌16:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

整形外科リハビリテーション科

東京都杉並区下井草1-6-2

最寄駅

  • 鷺ノ宮駅
  • 阿佐ケ谷駅
  • 下井草駅
電話番号 03-5382-5577
03-5382-5577
受付時間
09:00~翌12:00
14:30~翌17:45
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【診療領域】
リハビリテーション科は骨折や捻挫などの怪我や靭帯損傷をしてしまった後に、元通りの動作ができるようにするための練習やトレーニングをするものです。
整形外科などに併設されている場合が多く、総合病院にも備わっている事が多いです。

【症状が起きやすい部位】
リハビリテーション科は主に骨折、靭帯、腱の損傷、関節部位の脱臼や皮膚の病気などの影響で、長期間動作ができなかった人がそのなまりを改善するための訓練をします。
腕や足、関節は脱臼や骨折をしやすく、若者はスポーツなどで、高齢者は階段やお風呂などで滑って怪我をしてしまうことが多いです。

【主な対象疾患やその症状】
リハビリテーション科は骨折や捻挫などがある程度快方に向かってから訪れることになる場所です。負傷した当初は骨や筋肉、靭帯が元通りにつながるまで動けませんが、ある程度治癒し終えてからは患部を動かさないと生活できないのでリハビリは欠かせません。
整形外科や大きな総合病院には高齢者向けのリハビリセンターなども併設されており、日々の生活面での不便さを解消するための場所となっています。専門の器具を使って筋肉トレーニングをする場合もあります。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ