全国のアレルギー科を探す

現在選択中の条件

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄
【診療領域】
アレルギー物質に対する反応が強く出た場合に受診する科目です。
アレルギー科は単独でなく耳鼻咽頭科や小児科で併せる場合が多く鼻水が出たり喉がイガイガする時して風邪が疑われる事が多い。他に湿疹などが現れ、稀にショック症状を起こす。

【症状が起きやすい部位】
大人と子供両方で多い症状は鼻水が出る事などの鼻炎でアレルギー科を受診する日本人に最も多い花粉症の症状として現れる。
他に目のかゆみや湿疹などが現れる場合もありアレルギーの度合いによっても様々な症状がでるが食物アレルギーなどは蕁麻疹や皮膚炎などの症状が出る。

【主な対象疾患やその症状】
日本で最も多いのはアレルギー性鼻炎で大半のアレルギー科受診患者はこの症状があてはまる。鼻炎は鼻水が出たり、後鼻漏などで咳が出たりと他の症状を併発させる。
原因であるアレルギー物質によって現れる症状は異なるが皮膚炎は接触性が多く食べたり触る事で蕁麻疹や湿疹が現れる。喘息は気管がアレルギー物質や温度変化などで刺激される事で起こり咳き込んで呼吸困難を引き起こす。原因を突き止める事が重要になり原因を追究する為に血液検査などを行う。
このページの先頭へ