東京都中野区本町の神経科

追加の条件

  • 夜間救急診療可
  • 初診予約
  • 女医がいる
  • 駐車場あり
  • クレジットカード可
選択された条件では見つかりませんでした。
スポンサーリンク
【診療領域】
神経科は心の病を対象にしています。そしてこころの病の原因が脳の異常であるばあいや心理的なストレスからくる場合がありますが、神経科は心理的なストレスからくる疾患を診療領域にしています。
内臓などに問題はないけれども体調に不安のある方や、イライラ、精神不安などを抱えた患者さんが多く訪れます。

【症状が起きやすい部位】
神経科で取り扱う疾患ではイライラなどの心の症状だけではなく、内臓についても症状がでることがあります。
ノイローゼでは胃の不調を訴える場合が多くありますし、自律神経失調症では下痢などの大腸に問題がある症状がよく見られます。

【主な対象疾患やその症状】
神経科で扱う代表的な疾患であるノイローゼは精神的ショック、精神的な悩みからくる疾患でイライラや精神不安、強迫観念などの症状があり胃などにも不調がでます。
また自律神経失調症は交感神経と副交感神経のバランスを失うことで起こる疾患です。原因は生活のリズムの乱れであったり、過度なストレスであったり、環境の変化あるいは女性ホルモンの影響など多岐にわたっています。眠れなかったり、めがいがする、喉が渇く、驚くと心臓がドキドキするなどの症状があります。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ