東京都豊島区西池袋+美容皮膚科

追加の条件

選択された条件では見つかりませんでした。
スポンサーリンク
【診療領域】
美容皮膚科は、皮膚にしみやたるみ、ほくろやアザなどが残ってしまった人が、その治療や改善のために訪れます。
これらの症状は長年の肌のお手入れ不足などが原因で、年齢や状態にあった治療とケアが必要になります。

【症状が起きやすい部位】
美容皮膚科で起きやすい症状は主に顔に出てきます。しわやしみなどは紫外線を多く浴びてケアが足りなくなってしまった結果や年齢によって顔の肌に出やすいので、特に女性には身近な存在でもあります。
男性であっても大きなほくろやアザのようなものは治療が必要なこともあるので診断が求められることもあります。

【主な対象疾患やその症状】
美容皮膚科では、重症の病よりも見た目をきれいにしたい人が訪れることが多いです。しみやそばかす、たるみなどは改善しなくても生きていくことはできますが、美容といった面では見逃せない点です。
化粧品やちょっとしたお手入れだけでは改善できないような肌の原因があることもあるので、医師に相談して最適な治療法を知るのは大切なことです。時にはがんの要因になるようなものもあるので、美容目的だけではなく異常を感じたら早めに受診するのも大切です。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ