福島県の皮膚科を探す

現在選択中の条件

追加の条件

ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
【診療領域】
皮膚科は、人体の皮膚やその皮下組織に関する異常や病に対して治療を行うものです。
皮膚がんなどの重い症状から、ほくろやじんましん、アトピーなどに対しても治療を行います。皮膚のかゆみや痛みが生じた患者が多く訪れます。

【症状が起きやすい部位】
皮膚科にかかる患者の多くは皮膚に問題を抱えていますが、じんましん、アレルギー、虫さされなどが多いです。
場合によっては陰部のかゆみ等性病が発症している場合もあり、検査に訪れることもあります。皮膚の異常が見えやすい腕や足に症状が出ている場合が多いです。

【主な対象疾患やその症状】
皮膚科では、主に塗り薬と飲み薬で患部の状態を改善していきます。
皮膚の表面に出てくる症状の原因は必ずしも体外の刺激によるものだけではなく、体内の代謝不良などが原因になることも多いので十分に生活習慣を見直していく必要もあります。塗り薬だけではなく、漢方薬や遺伝的な要素からの分析が行われることもあり、その症状は非常に多岐にわたります。唇や陰部の症状も皮膚科で解決できる場合があり、診療内容がわからない場合には電話での問い合わせが必要になります。

【子どもの医療費助成】
福島県では県内の全市町村を対象に、県内で安心して子育てが出来る環境作りのため、子どもの医療費助成を実施しています。対象年齢は18歳以下のこどもで、県内に住所がある人に限ります。
助成される内容は、健康保険適用の診療を受けた場合に本来支払うべき自己負担額が無料になります。

【後期高齢者医療制度】
福島県の後期高齢者医療制度は、対象となる年齢が75歳以降となります。誕生日を迎えた時点で今までの医療保険から、後期高齢者医療制度の被保険者になります。
助成される内容は、医療機関での自己負担が原則として1割負担になります。所得によって変わる面がありますので、3割負担の場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
福島県では、肝炎治療に対して医療費助成を行っています。福島県内に住所を有し、C型ウイルス性肝炎の根治目的で行われる治療について医療費の一部を助成しています。
対象年齢は特に決まっておらず、対象となる医療が必要で認定基準を満たしていること、また各種医療保険に加入していることです。
このページの先頭へ