東京都新宿区北新宿+整形外科に対応可能な病院・クリニック(3件)

整形外科リハビリテーション科美容皮膚科

東京都新宿区北新宿2-21-1 新宿フロントタワー、フロントスクエアプラザ3階 メディカルモール内

最寄駅

  • 西新宿駅
  • 中野坂上駅
  • 都庁前駅
電話番号 03-3361-3366
03-3361-3366
受付時間
10:00~13:30
10:00~13:30
15:00~18:30
15:00~18:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

東京都新宿区にある光伸メディカルクリニック(こうしんMCL)は西新宿駅が最寄り。西新宿駅1番出口から徒歩4分、中野坂上駅A1出口から徒歩7分、西新宿五丁目駅A1出口から徒歩9分… 続きを読む

内科循環器科呼吸器内科消化器科外科整形外科神経内科在宅診療

東京都新宿区北新宿3-26-22

最寄駅

  • 大久保駅
  • 落合駅
  • 東中野駅
電話番号 03-3364-0233
03-3364-0233
受付時間
09:30~12:30
14:30~18:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

提携介護サービス事業所と連携し、医療ケアと日常生活サービスを併せ持った「中核施設」として運営しております。地域のお年寄りの方々の自立と家庭復帰を目指し、それぞれの方の状態と… 続きを読む

内科胃腸科肛門科外科整形外科皮膚科リハビリテーション科

東京都新宿区北新宿1-13-19 弘林ビル3階

最寄駅

  • 大久保駅
  • 新大久保駅
  • 西新宿駅
電話番号 03-5389-2213
03-5389-2213
受付時間
09:00~翌12:30
15:00~翌18:30
09:00~翌13:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【診療領域】
整形外科の当該科目心療領域は骨や筋肉、関節などそれぞれの痛みや変形、骨折や打撲など様々なものを扱います。主に首から下の痛みやコリなどが多く、頭も扱うことがありますが場合によってはこの整形外科での対応外として適切な病院へ紹介するケースもあります。
患者の多くは肩こりや腰痛、神経痛のような身体の痛みについてを受けることが年齢も幅広く多く該当しますが、骨折や打撲といった自分でもわかりやすい症状もあります。

【症状が起きやすい部位】
多くが身体のどこかしらの痛みやしびれを感じて整形外科を受診し、そこから原因をさぐり、コリであったり関節の問題であったり、バネ指のように手術が必要なものかどうかを探していくことが多くなります。
腰痛、肩こりが多く、重大な病気として現れていることはあまりありません。しかし別の部位病気が原因で痛みが出ているという場合もあり、心筋梗塞での肩こりやヘルニアの腰痛、神経系の病気によるしびれなどのケースです。

【主な対象疾患やその症状】
整形外科では骨腫瘍や関節リウマチ、骨粗しょう症なども扱います。骨折の中でも疲労骨折のようなスポーツによるけがを得意としている整形外科もあります。
関節に関しては変形性関節症、筋によるバネ指、腫瘍や腫瘤を解消するための手術を行うなど幅広く体に関する症状を治療します。主に小さな手術であり、内臓や脳、神経の専門ではありません。そのため、脳や神経、内臓系に問題があることでコリや痛みが出ているという場合は対象外となります。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ