東京都+小児科に対応可能な病院・クリニック(3,192件)

小児科

東京都大田区本羽田1-6-22

最寄駅

  • 糀谷駅
  • 大鳥居駅
  • 雑色駅
電話番号 03-3741-5005
03-3741-5005
受付時間
09:00~12:00
13:00~15:00
15:00~18:30
14:00~15:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

予防接種を予約無しに15:00~17:30まで実施しています。予防接種実施時間内にお越しください。BCGのみ、予約制で金曜日14:00~15:00に実施していますのでお電話で予約下さい。

小児科

東京都三鷹市下連雀4-16-11 ロージュマン白百合1F

最寄駅

  • 三鷹駅
  • 武蔵境駅
  • 吉祥寺駅
電話番号 0422-40-1488
0422-40-1488
受付時間
09:00~12:00
15:00~17:00
16:00~18:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

子宮頸がんワクチンの接種を開始しました。

小児科アレルギー科

東京都武蔵野市中町3-3-2

最寄駅

  • 三鷹駅
  • 吉祥寺駅
  • 武蔵境駅
電話番号 0422-60-5177
0422-60-5177
受付時間
09:00~12:00
14:00~15:30
15:30~18:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

おぎわらこどもクリニックは、各駅停車の中央・総武線と快速の中央線が走るJR三鷹駅からは徒歩12分、関東バスを利用した場合は保健所前で下車してすぐの場所にて、小児科とアレルギー… 続きを読む

小児科アレルギー科

東京都杉並区南荻窪1-31-14

最寄駅

  • 荻窪駅
  • 西荻窪駅
  • 富士見ヶ丘駅
電話番号 03-3334-2030
03-3334-2030
受付時間
09:00~11:30
09:00~12:00
10:00~14:00
14:00~17:00
18:00~20:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

東京都杉並区南荻窪の、住宅地や学校などが多いエリアにある長田こどもクリニックは、小児科とアレルギー科の診療科を持つ小児専門の医療機関です。最寄り駅はJR中央線「荻窪駅」、車で… 続きを読む

小児科耳鼻咽喉科皮膚科

東京都中央区晴海1-8-16 晴海トリトンスクエア3階

最寄駅

  • 勝どき駅
  • 月島駅
  • 新豊洲駅
電話番号 03-3536-1361
03-3536-1361

「晴海トリトン夢未来クリニック」です。この度、耳鼻咽喉科の診療を新たに開始しました。みみ、はな、のどの症状だけでなく、めまいやアレルギー等でお困りの事があれば、お気軽に… 続きを読む

小児科

東京都豊島区南大塚2-15-7 アルカディア新大塚1階

最寄駅

  • 新大塚駅
  • 大塚駅
  • 向原駅
電話番号 03-3944-0808
03-3944-0808
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

小児科

東京都新宿区西五軒町8番地10 臼井ビル1階

最寄駅

  • 江戸川橋駅
  • 神楽坂駅
  • 牛込神楽坂駅
電話番号 03-6280-7158
03-6280-7158
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

小児科

東京都江戸川区西葛西6-9-12 第三吉野ビル2階

最寄駅

  • 西葛西駅
  • 葛西駅
  • 葛西臨海公園駅
電話番号 03-5659-5220
03-5659-5220
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【診療領域】
小児科は、新生児から15歳頃までの、一般的な身体的疾患のほぼ全領域を診察します。
感染症全般、アレルギー、循環器疾患、神経染色体の疾患、血液、腫瘍性疾患、内分泌疾患や子育て、予防医学にも関わっています。

【症状が起きやすい部位】
子どもの発熱や咳、鼻水、嘔吐下痢などから受診することが多く、気管支や胃腸、 頭部、腹部に症状が起きやすいです。
新生児では肌のトラブルも 多く、顔や頭部の肌荒れ、背中のあせもやお尻のオムツかぶれで小児科を訪れる人も多いのです。

【主な対象疾患やその症状】
ウイルスによる風邪症候群は、鼻水、喉の痛み、咳、頭痛、発熱などの症状が代表的です。小児科で予防接種を受けることのできるインフルエンザは、秋冬から春先にかけて流行し、寒気や高熱などの全身症状が、3日から7日ほど続きます。
風邪のウイルスや細菌が、気管支の表面について症状を起こすと気管支炎になり、たんの絡んだひどい咳や発熱が見られ、胃や腸に炎症を起こすとウイルス性胃腸炎となり下痢や嘔吐が続きます。
突発性発疹は、1歳前後の子に多く、突然発熱し、下がると同時に赤い発疹が出る病気です。特に治療は必要ありませんが、他の病気の可能性もあるので必ず受診するようにします。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ