東京都の精神科を探す

現在選択中の条件

追加の条件

  • 夜間救急診療可
  • 初診予約
  • 女医がいる
  • 駐車場あり
  • クレジットカード可
ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
【診療領域】
精神科は、いわゆる心の病を抱えた患者が訪れる場所で、やる気が出ない、何事も潔癖にしてしまいがちになる、拒食症や過食症、アルコール・薬物依存などの症状が多いです。
中には脳に障害を持っている場合もあります。

【症状が起きやすい部位】
精神科にかかる病気で起きやすい症状としては、主には気分障害になります。
その多くは、脳に問題がある場合が多く、小さい脳梗塞など物理的に脳に疾患がある場合もありますが、脳に異常は見られなく、うまく脳が働かない状態になっている場合もあります。

【主な対象疾患やその症状】
精神科では、最近、うつ病や躁うつ病などの症状の患者が増加の傾向にあります。うつ病の場合は、気分が極端に落ち込む症状が顕著になります。躁うつ病の場合は、気分のむらが激しく、極端に活動的になったり、極端に落ち込んだりを繰り返すようになります。
また、パニック障害については、強い不安感を常に抱いてしまうような症状に悩まされます。アルコール依存症では、飲酒をしていないと気分が落ち着かないなどの、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなります。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ