全国の精神科を探す

現在選択中の条件

追加の条件

  • 夜間救急診療可
  • 初診予約
  • 女医がいる
  • 駐車場あり
  • クレジットカード可
北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄
【診療領域】
精神科は、いわゆる心の病を抱えた患者が訪れる場所で、やる気が出ない、何事も潔癖にしてしまいがちになる、拒食症や過食症、アルコール・薬物依存などの症状が多いです。
中には脳に障害を持っている場合もあります。

【症状が起きやすい部位】
精神科にかかる病気で起きやすい症状としては、主には気分障害になります。
その多くは、脳に問題がある場合が多く、小さい脳梗塞など物理的に脳に疾患がある場合もありますが、脳に異常は見られなく、うまく脳が働かない状態になっている場合もあります。

【主な対象疾患やその症状】
精神科では、最近、うつ病や躁うつ病などの症状の患者が増加の傾向にあります。うつ病の場合は、気分が極端に落ち込む症状が顕著になります。躁うつ病の場合は、気分のむらが激しく、極端に活動的になったり、極端に落ち込んだりを繰り返すようになります。
また、パニック障害については、強い不安感を常に抱いてしまうような症状に悩まされます。アルコール依存症では、飲酒をしていないと気分が落ち着かないなどの、自らの意思で飲酒行動をコントロールできなくなります。
このページの先頭へ