東京都荒川区+脳神経外科に対応可能な病院・クリニック(4件)

内科小児科消化器外科整形外科

電話番号 0066-9714-37700
0066-9714-37700
受付時間
20:00~00:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約

ご予約後、医師がご自宅まで診察に向かいます。
料金も通常通り健康保険が適用、クリニックと変わらないレベルの処置検査が可能です!

内科脳神経外科神経内科リハビリテーション科

東京都荒川区町屋2-6-14

最寄駅

  • 町屋駅前駅
  • 町屋駅
  • 荒川七丁目駅
電話番号 03-3892-3125
03-3892-3125
受付時間
09:00~翌12:00
14:00~翌18:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科外科脳神経外科婦人科整形外科放射線科

東京都荒川区荒川5-3-1

最寄駅

  • 新三河島駅
  • 三河島駅
  • 町屋二丁目駅
電話番号 03-3891-2231
03-3891-2231
受付時間
09:00~翌12:00
14:00~翌17:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科循環器科呼吸器内科消化器科肛門科泌尿器科外科脳神経外科整形外科皮膚科美容皮膚科美容外科リハビリテーション科糖尿病内科

東京都荒川区町屋2-3-7

最寄駅

  • 町屋駅前駅
  • 町屋駅
  • 荒川七丁目駅
電話番号 03-3892-3161
03-3892-3161
受付時間
08:30~翌11:30
12:00~翌16:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科泌尿器科外科脳神経外科小児科産婦人科整形外科皮膚科神経科神経内科心療内科リウマチ科形成外科美容外科呼吸器外科心臓血管外科眼科耳鼻咽喉科リハビリテーション科放射線科麻酔科歯科口腔外科精神科

東京都荒川区西尾久2-1-10

最寄駅

  • 宮ノ前駅
  • 熊野前駅
  • 小台駅
電話番号 03-3810-1111
03-3810-1111
受付時間
08:20~翌11:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【診療領域】
脳神経外科は、脳を代表として、脊髄・末梢神経・脊椎などに関する疾患を扱います。
これらの臓器のうち内科的な疾患は脳神経内科の扱いになりますが、腫瘍ができたり、先天性の奇形や、外傷によるものなどは脳神経外科の扱いとなります。

【症状が起きやすい部位】
脳神経外科の扱う症例では、脳に障害が起きた場合は、たとえば視力に異常があらわれたり、手先・足先のしびれなど、体中の様々な部位に症状が出る可能性があります。
脊髄や脊椎に疾患がある場合は、背中や腰などに痛みを発症するようになります。

【主な対象疾患やその症状】
脳神経外科の扱う脳血管障害では、脳動脈瘤や脳内出血、脳梗塞などが代表例で、体を動かすことに問題を生じたり、視力が低下したり、脳の疾患の現れた部位により様々な症状が見られます。場合によっては、思考能力の低下などが発生する場合もあります。
脊髄や脊椎の疾患では、椎間板ヘルニアなどが代表例で、強い腰の痛みなどを伴うようになります。末梢神経に疾患を伴う場合は、指が腫れ痛みを伴う手根管症候群・足根管症候群、酷い肩こり症状の出る胸郭出口症候群などがあります。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ