東京都豊島区西池袋+泌尿器科に対応可能な病院・クリニック(7件)

泌尿器科

東京都豊島区西池袋1-15-8 三仲ビル4階

最寄駅

  • 新線池袋駅
  • 池袋駅
  • 要町駅
電話番号 03-5950-3310
03-5950-3310
受付時間
12:00~21:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

当院は、「国内正規品」の治療薬のみ取り扱っております。海外ジェネリックや非正規品は処方いたしませんのでご安心ください。特徴1「院内スタッフは男性のみ」初めての方でもお気… 続きを読む

泌尿器科皮膚科性病科

東京都豊島区西池袋1-25-1 恩田ビル3階

最寄駅

  • 池袋駅
  • 新線池袋駅
  • 都電雑司ヶ谷駅
電話番号 03-3971-3272
03-3971-3272
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

泌尿器科婦人科皮膚科形成外科美容外科性病科

東京都豊島区西池袋5-10-2 椿ビル1階

最寄駅

  • 新線池袋駅
  • 要町駅
  • 池袋駅
電話番号 03-5911-5553
03-5911-5553
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

婦人科内科泌尿器科皮膚科

東京都豊島区西池袋2-35-8

最寄駅

  • 新線池袋駅
  • 池袋駅
  • 目白駅
電話番号 03-3982-6228
03-3982-6228
受付時間
10:00~12:30
15:00~19:00

大規模な繁華街の中心、池袋駅のメトロポリタン口から徒歩で5分の距離にある池袋クリニックは、通院に便利な医療施設です。池袋クリニックでは、婦人科、女性内科、泌尿器科、皮膚科に… 続きを読む

内科泌尿器科外科整形外科

東京都豊島区西池袋3-22-13 丸栄ビル2階

最寄駅

  • 新線池袋駅
  • 池袋駅
  • 要町駅
電話番号 03-3980-6150
03-3980-6150
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科泌尿器科性病科

東京都豊島区西池袋1-7-10 ビルドT・9ビル3階

最寄駅

  • 新線池袋駅
  • 池袋駅
  • 目白駅
電話番号 03-3985-1628
03-3985-1628
受付時間
13:00~20:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科消化器科胃腸科呼吸器内科糖尿病内科糖質代謝内科アレルギー科皮膚科泌尿器科性病科耳鼻咽喉科呼吸器科

東京都豊島区西池袋3-25-10 リバーストンビル3F

最寄駅

  • 新線池袋駅
  • 池袋駅
  • 要町駅
電話番号 03-5951-6030
03-5951-6030
受付時間
18:00~19:00
19:00~23:00
15:00~23:00
09:00~19:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

東京都豊島区にあるアースクリニック池袋は、各線池袋駅西口から徒歩2分、東京芸術劇場の前にあるビルの3階にあるクリニックです (1階は磯丸水産)。池袋駅各出口 (C7, C8, 1b, 2a) … 続きを読む

【診療領域】
仕事によるストレスや疲労、忙しくてトイレに行きたくてもギリギリまで我慢していると、残尿感や頻尿の症状が現れます。膀胱炎という病気ですが、初期症状の段階で泌尿器科を受診すれば完治する場合が多いです。
また高齢者がトイレを我慢できなくなる症状も専門医での治療で改善できます。

【症状が起きやすい部位】
そのままにしておきますと残尿、頻尿だけでなく、トイレに行った後で膀胱が気持ち悪くなったり、ジワジワと汗が出たりします。尿道が短いので男性より女性に多い病気ですし、女性ですと通院するのも抵抗がありますが、放っておくと腎盂炎を引き起こすことにもなり兼ねません。
早めに泌尿器科を受診することが大切です。

【主な対象疾患やその症状】
泌尿器科での治療も症状が軽い人や急性の場合ですと、処方された薬を飲み終えないうちに改善する人が多いです。普段の生活の中でも水分を小まめに取って、膀胱内で菌が繁殖しないように、尿で流すようにするなど注意することにより再発を防ぐことができます。
少し症状が重くなった場合でも、膀胱鏡による検査で原因をしっかり付きとめれば、点滴や内服薬などを組み合わせ、それぞれの症状に合った治療が受けられますので、完治するまで真面目に通院することが肝心です。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ