東京都杉並区下井草+胃腸科に対応可能な病院・クリニック

内科循環器科呼吸器内科胃腸科小児科皮膚科在宅診療

東京都杉並区下井草3-40-12

最寄駅

  • 下井草駅
  • 井荻駅
  • 富士見台駅
電話番号 03-3396-7859
03-3396-7859
受付時間
17:00~19:00
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

当和光会では、患者様、ご家族の立場に立った良質なる医療サービスの提供を目指し、当法人の外来、在宅、入院診療、三者相互の連携の充実を目標に掲げ、高次医療を要する場合は、連携の… 続きを読む

【診療領域】
胃腸科の診療領域は、内臓の胃や腸の範囲に関わる病気になります。その他の膵臓や肝臓などの臓器も、場合によっては診療する事になります。
胃腸科に来る患者は、胃や腸の調子が悪くなった患者が多くて、内科での診療科目の中で、一番患者の多い科目になります。

【症状が起きやすい部位】
胃腸科の診療科目の中で、一番症状が起きやすい場所としては、胃の内膜や直腸の内膜になります。
これらの場所の病気は、内視鏡の発達に従って、早期の発見が可能になってきて、場合によっては、内視鏡で手術をする事もできます。

【主な対象疾患やその症状】
胃腸科にかかる患者の主な対象疾患として、胃潰瘍や胃がんがあります。双方の病気は、どちらも慢性的に胃の痛みが出ますが、胃潰瘍は完治する事ができるけども、胃がんは場合によっては、完治しない場合もあります。
胃の薬として、胃酸を抑える薬と胃の粘膜を強化する薬があり、どちらも胃潰瘍や胃がんの痛みを止める事ができます。しかし、胃潰瘍はその薬によって治るけども、胃がんの場合には、その薬を投与しても進行するので、早期発見して切除が必要になります。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ