大阪市営地下鉄四つ橋線 四ツ橋駅の呼吸器内科

追加の条件

松澤呼吸器クリニック詳細

公式情報
情報更新日:2017/04/18(火)
診療科目
内科呼吸器内科
最寄り駅
四ツ橋駅心斎橋駅西大橋駅
所在地
大阪府大阪市中央区西心斎橋1-12-11 アーバンスタイル心斎橋2F
電話番号
06-6120-3177
時間
10:00~13:00
16:00~19:00
09:00~13:00
松澤呼吸器クリニックは大阪市営地下鉄・四ツ橋駅から徒歩2分、心斎橋駅や西大橋駅からも近い睡眠時無呼吸症候群の専門病院で、診療科目は内科・呼吸器科です。 松澤呼吸器クリニックの院内は、木目調の落ち着く色調の床やドア、柔らかい光の間接照明、目の不自由な方にも安心の点字ブロックなどを配した落ち着いた空間です。診察時間は火曜から金曜は19時まで、土曜は13時までで、月曜日と日曜日は休診日となっています。 日本睡眠学会認定医・日本呼吸器学会専門医・日本内科学会認定医・専門医が担当する、睡眠時無呼吸症候群(SAS)専門外来、睡眠障害専門外来(いびき外来)が松澤呼吸器クリニックの特徴です。 睡眠時無呼吸症候群は生活習慣病の原因にもなりますし、睡眠の質が悪いと生活に支障をきたします。 松澤呼吸器クリニックでは病気の診断に必要な夜間睡眠検査・PSG検査を受診できます。 当院のPSG検査はホテル仕様の検査室で夜間入院して受けて頂き、早朝には退院していただけますので、仕事や学校を休まずに検査ができます。 また、ご自宅で簡易診断が出来る検査機器のお貸出しも行っております。 検査結果により治療が必要となった場合は、患者様に適した治療法をご提案します。 なお、当院で行う検査と治療は保険適用のものです。 いびきをかく(自覚がなくても、指摘されたことがある)・日中に眠気を感じる・朝起きた時に頭痛がある・いつも熟睡感がないなど睡眠中や日中の気になる症状がありましたら、松澤呼吸器クリニックまでお気軽にご相談ください。 ◆睡眠時無呼吸症候群簡易検査可能  ご自宅で行う検査機器をお貸出し、簡易診断が出来る施設です。 ◆睡眠時無呼吸症候群精密検査可能  入院して精密検査を行い確定診断ができる施設です。

四ツ橋診療所詳細

公式情報
情報更新日:2016/12/14(水)
診療科目
内科呼吸器内科消化器科循環器科放射線科健康診断人間ドック
最寄り駅
西大橋駅四ツ橋駅心斎橋駅
所在地
大阪府大阪市西区新町1-22-9
電話番号
06-6532-0148
時間
09:30~12:30
14:00~16:30
内科・循環器科・呼吸器科・消化器科・放射線科、その他特定健診、禁煙外来、心理カウンセリング、アンチエイジングにも力を入れています。

大野記念病院詳細

情報更新日:2015/11/10(火)
診療科目
内科消化器科循環器科外科整形外科脳神経外科糖尿病内科泌尿器科リハビリテーション科放射線科リウマチ科肛門科呼吸器内科肝臓内科・外科腎臓内科・外科救急科乳腺外科
最寄り駅
JR難波駅桜川駅四ツ橋駅
所在地
大阪府大阪市西区南堀江1-26-10
電話番号
06-6531-1815
時間
08:30~11:30
12:15~16:00

福慈クリニック詳細

情報更新日:2014/03/07(金)
診療科目
内科消化器科放射線科呼吸器内科
最寄り駅
長堀橋駅心斎橋駅四ツ橋駅
所在地
大阪府大阪市中央区東心斎橋1-12-20 心斎橋シキシマビル4階5階
電話番号
06-6251-1789
時間
直接病院にお問い合わせください

OCATクリニック詳細

  • 休日可
  • 夜間救急診療可
  • 女医
  • 専門医
  • 駐車場
  • 公式ホームページ
情報更新日:2014/03/07(金)
診療科目
内科呼吸器内科消化器科胃腸科婦人科
最寄り駅
JR難波駅なんば駅大阪難波駅
所在地
大阪府大阪市浪速区湊町1-4-1
電話番号
0120-728-797
時間
08:30~15:30
スポンサーリンク
【診療領域】
呼吸器科は主に気管支や肺の病気を扱う科です。アレルギーや感染症、腫瘍などの多彩な病気を扱うという特徴があります。
呼吸器科にかかる人の多くは咳や痰、息切れなど、何らかの症状を訴えて受診することが多いです。

【症状が起きやすい部位】
呼吸器科で扱う病気の多くには咳を伴います。咳には痰を伴うかどうかで疑う病気が変わります。
息切れや胸の痛みも頻繁に感じられる症状で、様々な病気の可能性が考えられるので専門の先生に見てもらう必要があります。

【主な対象疾患やその症状】
呼吸器科で扱う病気の代表格が気管支喘息です。この病気はアレルギーが原因で気管支の筋肉が収縮してしまい気管支の中の空気の通りが悪くなってしまう病気です。
吸入薬を吸えば狭くなった気管支は広がりますが、繰り返すと薬の反応が悪くなってしまうので、発作予防のためのステロイドの吸入を行うことが肝心です。
この薬のおかげで、近年喘息で亡くなる患者さんはかなり減ってきており、病気についてよく学ぶことが大事なことです。

【子どもの医療費助成】
大阪府には乳幼児医療費助成制度があり、入院医療費は0~6歳児(就学前)、通院は0~2歳児が対象になっています。
自己負担金は1日につき最大500円で、一ヶ月の最初の2日間は負担がありますが3日めからは負担がありません。同じ日にいくつかの科を受診しても最大500円です。同じ医療機関でも歯科の治療費は1日最大500円の負担が必要です。入院は1日最大500円で、1ヶ月で2500円を超えた分は償還されます。

【後期高齢者医療制度】
大阪府の後期高齢者医療制度は、75歳以上の方と65歳以上で障害の認定を受けた方が助成の対象になっています。
後期高齢者医療制度は高齢者が安心して医療が受けられるもので国民全体で支える制度です。通院での病気の治療、入院での治療では所得に応じて食事や生活療養費の助成があります。訪問看護療養費や移送費(緊急時医師の支持にしたがい病院に移送する費用)も対象になっています。

【助成金の対象となる特定疾病】
大阪府では、特定疾病(ベーチェット病・スモン・重症筋無力症など56疾患)の方に治療費を助成する制度があります。
特定疾患医療受給者証がある方の自己負担金は世帯の所得によって異なります。原因不明で、長く続く病気の医療費の負担を軽減するよう対象となる疾患が増え、より多く方が助成を受けられるようになっています。
このページの先頭へ