小田急線 南新宿駅+呼吸器内科に対応可能な病院・クリニック(6件)

内科循環器科呼吸器内科アレルギー科呼吸器科

東京都渋谷区代々木1-43-7 SKビル1階

最寄駅

  • 南新宿駅
  • 代々木駅
  • 新線新宿駅
電話番号 03-3379-2002
03-3379-2002
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科循環器科呼吸器内科神経科神経内科耳鼻咽喉科歯科精神科

東京都渋谷区代々木1-24-10 TSビル1階

最寄駅

  • 代々木駅
  • 南新宿駅
  • 北参道駅
電話番号 03-3374-9112
03-3374-9112
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科循環器科呼吸器内科消化器科泌尿器科外科神経内科呼吸器外科眼科耳鼻咽喉科麻酔科糖尿病内科

東京都渋谷区代々木1-2-5

最寄駅

  • 代々木駅
  • 南新宿駅
  • 北参道駅
電話番号 03-3370-2321
03-3370-2321
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

・マンモグラフィ検診精度管理中央委員会認定・女医がいる病院・女性のマンモグラフィ検査技師がいる病院

呼吸器内科アレルギー科内科健康診断

東京都渋谷区代々木2-16-7 山葉ビル5F

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 南新宿駅
  • 都庁前駅
電話番号 03-5351-1081
03-5351-1081
受付時間
09:00~12:30
14:00~17:00
14:30~18:30

渋谷区に、谷本呼吸器内科クリニックはあります。新宿駅から徒歩5分にあり、通勤・通学に至便なクリニックです。谷本呼吸器内科クリニックでは、呼吸器内科、アレルギー科、内科を診療… 続きを読む

呼吸器内科消化器科泌尿器科脳神経外科婦人科リハビリテーション科内分泌科乳腺外科腫瘍内科・外科

東京都新宿区新宿4-1-6 JR新宿ミライナタワー7階

最寄駅

  • 新宿駅
  • 新線新宿駅
  • 新宿三丁目駅
電話番号 03-6274-8871
03-6274-8871
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【診療領域】
呼吸器科は主に気管支や肺の病気を扱う科です。アレルギーや感染症、腫瘍などの多彩な病気を扱うという特徴があります。
呼吸器科にかかる人の多くは咳や痰、息切れなど、何らかの症状を訴えて受診することが多いです。

【症状が起きやすい部位】
呼吸器科で扱う病気の多くには咳を伴います。咳には痰を伴うかどうかで疑う病気が変わります。
息切れや胸の痛みも頻繁に感じられる症状で、様々な病気の可能性が考えられるので専門の先生に見てもらう必要があります。

【主な対象疾患やその症状】
呼吸器科で扱う病気の代表格が気管支喘息です。この病気はアレルギーが原因で気管支の筋肉が収縮してしまい気管支の中の空気の通りが悪くなってしまう病気です。
吸入薬を吸えば狭くなった気管支は広がりますが、繰り返すと薬の反応が悪くなってしまうので、発作予防のためのステロイドの吸入を行うことが肝心です。
この薬のおかげで、近年喘息で亡くなる患者さんはかなり減ってきており、病気についてよく学ぶことが大事なことです。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。
このページの先頭へ