全国の呼吸器内科を探す

現在選択中の条件

北海道・東北
関東
中部
関西
中国・四国
九州・沖縄
【診療領域】
呼吸器科は主に気管支や肺の病気を扱う科です。アレルギーや感染症、腫瘍などの多彩な病気を扱うという特徴があります。
呼吸器科にかかる人の多くは咳や痰、息切れなど、何らかの症状を訴えて受診することが多いです。

【症状が起きやすい部位】
呼吸器科で扱う病気の多くには咳を伴います。咳には痰を伴うかどうかで疑う病気が変わります。
息切れや胸の痛みも頻繁に感じられる症状で、様々な病気の可能性が考えられるので専門の先生に見てもらう必要があります。

【主な対象疾患やその症状】
呼吸器科で扱う病気の代表格が気管支喘息です。この病気はアレルギーが原因で気管支の筋肉が収縮してしまい気管支の中の空気の通りが悪くなってしまう病気です。
吸入薬を吸えば狭くなった気管支は広がりますが、繰り返すと薬の反応が悪くなってしまうので、発作予防のためのステロイドの吸入を行うことが肝心です。
この薬のおかげで、近年喘息で亡くなる患者さんはかなり減ってきており、病気についてよく学ぶことが大事なことです。
このページの先頭へ