呼吸器内科に対応可能な病院・クリニック(4,918件)

現在選択中

呼吸器内科アレルギー科内科健康診断

東京都渋谷区代々木2-16-7 山葉ビル5F

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 南新宿駅
  • 都庁前駅
電話番号 03-5351-1081
03-5351-1081
受付時間
09:00~12:30
14:00~17:00
14:30~18:30

渋谷区に、谷本呼吸器内科クリニックはあります。新宿駅から徒歩5分にあり、通勤・通学に至便なクリニックです。谷本呼吸器内科クリニックでは、呼吸器内科、アレルギー科、内科を診療… 続きを読む

呼吸器内科内科

北海道苫小牧市双葉町3-7-3

最寄駅

  • 苫小牧駅
  • 青葉駅
電話番号 0144-35-0002
0144-35-0002
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

呼吸器内科内科

愛知県一宮市末広1-3-18 ファンタジアビル2階

電話番号 0586-43-5500
0586-43-5500
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

呼吸器内科内科

神奈川県藤沢市亀井野2-10-13

最寄駅

  • 六会日大前駅
  • 湘南台駅
  • 善行駅
電話番号 0466-52-5883
0466-52-5883
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

呼吸器内科内科

東京都北区赤羽西1-15-14 エル・ルージュ赤羽西2階

電話番号 03-5948-5945
03-5948-5945
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

呼吸器内科アレルギー科

神奈川県川崎市幸区南幸町2-26-12

最寄駅

  • 尻手駅
  • 川崎駅
  • 京急川崎駅
電話番号 044-522-1103
044-522-1103
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

呼吸器内科内科

広島県広島市中区幟町13番4号 広島マツダビル2F

最寄駅

  • 胡町駅
  • 銀山町駅
  • 八丁堀駅
電話番号 082-211-1159
082-211-1159
受付時間
09:00~12:30
09:00~12:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

呼吸器内科内科

長野県長野市高田549番地7

最寄駅

  • 本郷駅
  • 市役所前駅
  • 桐原駅
電話番号 026-266-0227
026-266-0227
受付時間
08:30~12:00
15:00~18:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

呼吸器内科内科

香川県高松市木太町551番地1

最寄駅

  • 元山駅
  • 木太東口駅
  • 林道駅
電話番号 087-869-2200
087-869-2200
受付時間
09:00~12:30
14:30~18:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【診療領域】
呼吸器科は主に気管支や肺の病気を扱う科です。アレルギーや感染症、腫瘍などの多彩な病気を扱うという特徴があります。
呼吸器科にかかる人の多くは咳や痰、息切れなど、何らかの症状を訴えて受診することが多いです。

【症状が起きやすい部位】
呼吸器科で扱う病気の多くには咳を伴います。咳には痰を伴うかどうかで疑う病気が変わります。
息切れや胸の痛みも頻繁に感じられる症状で、様々な病気の可能性が考えられるので専門の先生に見てもらう必要があります。

【主な対象疾患やその症状】
呼吸器科で扱う病気の代表格が気管支喘息です。この病気はアレルギーが原因で気管支の筋肉が収縮してしまい気管支の中の空気の通りが悪くなってしまう病気です。
吸入薬を吸えば狭くなった気管支は広がりますが、繰り返すと薬の反応が悪くなってしまうので、発作予防のためのステロイドの吸入を行うことが肝心です。
この薬のおかげで、近年喘息で亡くなる患者さんはかなり減ってきており、病気についてよく学ぶことが大事なことです。
このページの先頭へ