京王新線 新線新宿駅+内科に対応可能な病院・クリニック(106件)

追加の条件

内科皮膚科

東京都新宿区西新宿1-18-6

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 新宿駅
  • 新宿西口駅
電話番号 03-5339-7230
03-5339-7230
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

精神科心療内科神経科内科

東京都新宿区西新宿1-18-6 新宿須田ビル4階

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 新宿駅
  • 新宿西口駅
電話番号 03-5321-6777
03-5321-6777
受付時間
10:00~12:30
15:00~18:30
15:00~17:30
14:00~16:30
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

婦人科消化器科循環器科内科

東京都渋谷区代々木2-9-26 久保ビル2階

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 新宿駅
  • 南新宿駅
電話番号 03-3375-3371
03-3375-3371
受付時間
09:00~10:30
13:00~15:30
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

・女性のマンモグラフィ検査技師がいる病院

形成外科アレルギー科皮膚科内科

東京都渋谷区代々木2-6-7 セイチビル4階

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 新宿駅
  • 南新宿駅
電話番号 03-3373-4112
03-3373-4112
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

外科整形外科心臓血管外科リハビリテーション科在宅診療東洋医学科内科

東京都渋谷区代々木2-6-8 中島第一ビル2F

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 新宿駅
  • 南新宿駅
電話番号 03-5333-8482
03-5333-8482
受付時間
14:30~18:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

精神科心療内科神経科内科

東京都渋谷区代々木2-7-4 天間ビル6階

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 新宿駅
  • 南新宿駅
電話番号 03-5350-8387
03-5350-8387
受付時間
09:40~翌12:30
14:40~翌19:30
09:40~翌14:30
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

放射線科リハビリテーション科心療内科脳神経外科消化器科内科

東京都渋谷区代々木2-10-8 ケイアイ新宿ビル8階

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 新宿駅
  • 南新宿駅
電話番号 03-3370-5100
03-3370-5100
受付時間
09:00~11:30
13:00~15:30
17:00~19:30

皮膚科内科泌尿器科アレルギー科耳鼻咽喉科

東京都新宿区西新宿1-11-11 河野ビル3階

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 新宿駅
  • 新宿西口駅
電話番号 03-6304-5253
03-6304-5253
受付時間
10:00~14:00
15:30~19:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

新宿区西新宿にある皮膚科・内科・耳鼻咽喉科(耳鼻科)・泌尿器科(男性の性病検査や性病治療や、女性の膀胱炎に特化)の急性疾患や慢性疾患を保険診療している外来です。年間12万人以… 続きを読む

精神科心療内科神経科消化器科内科

東京都新宿区西新宿1-19-12 鮎沢ビル8階

最寄駅

  • 新線新宿駅
  • 新宿駅
  • 都庁前駅
電話番号 03-5909-3707
03-5909-3707
受付時間
10:00~12:30
15:00~17:30
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

惠クリニックは新宿駅南口から徒歩3分内科・消化器内科・心療内科(予約制)のクリニックです。

【診療領域】
内科は、内臓や倦怠感・だるさ・カラダの重さなどの身体症状を治療する診療科目です。風邪や消化不良、胃炎のほか、逆流性食道炎のようなものもこの診療科目で診断されます。
インフルエンザや季節の風邪などにかかってしまった患者も訪れます。

【症状が起きやすい部位】
内科を受診する人に多いのは風邪などの症状で、投薬治療をする場合がほとんどです。漢方薬を処方することも多いですが、重症化している場合には大きな病院への入院を勧められます。
主に体の内部の異常に対して治療をする診療科目です。

【主な対象疾患やその症状】
内科で診療する体内の異常やそれらに起因する症状は、塗り薬などはあまり効果が期待できないので漢方薬や飲み薬による治療が多くなります。
風邪、リウマチ、痛風や透析が必要な症状も内科で扱われることがあります。のどの症状や食道、胃腸など総合的に判断して治療をしてもらえることも多いです。重い肩こりや腰痛に対してのアドバイスができる場合も多いので高齢者が診療に訪れることも多いです。地域にも診療場所が多く、カバーしている範囲が広いのもこの診療科です。

【子どもの医療費助成】
東京都では、子供の医療費助成の精度が各自治体により行われています。東京都では、小学校に就学するまでは乳幼児医療費助成、中学生・小学生は義務教育就学児医療費助成の精度が適用されます。
両者とも、健康診断や予防接種などには女性の対象にはなりませんが、乳幼児医療費助成では、入院も通院も全額助成で、義務教育就学児医療費助成では、1回の通院に付き上限200円の一部負担にて治療を受けることができます。

【後期高齢者医療制度】
東京都では、75歳以上の高齢者が後期高齢者医療制度の対象になります。ただし、東京都の発行する、後期高齢者医療被保険者証を持っている人が条件になります。その取得は、75才以上であれば区市町村にて発行してもらうことができます。
該当者であると、医療費が無料になります。また、地域によっては人間ドッグの受診料が無料になる場合もあります。

【助成金の対象となる特定疾病】
東京都では、数々の難病指定されている特定疾患に関して医療費を助成しています。
その特定疾患は56項目以上にも及び、代表例としてはパーキンソン病が挙げられ、40才から64才の人でも助成をうけるとができます。助成金は、生計中心者の所得税年税額により、7段階に自己負担額が決定されます。

実際に新宿区の内科に行った人の口コミ情報

Q.どのようなとき・どのような症状で新宿区の内科の病院・クリニックに行きましたか?
  • 風邪の症状が出ていてのどが痛く早めに病院に行ったほうがいいとおもっていきました。 (40歳 / 女性)
  • 職場が新宿だった時にひどい腹痛で職場近くのクリニックに行きました。急性胃腸炎でした。 (36歳 / 女性)
  • 風邪をこじらせて、肺炎を起こしたので、これはダメだというときに行きました。 (43歳 / 男性)
  • 頭痛がするようになったので、行きました。頭痛によく効く薬をもらったら、完治しました。 (55歳 / 男性)
  • 仕事中に、高熱と首の腫れの症状が出たため、近くの内科にかかったところ、ここでは分からないと言われ、新宿区にある内科に紹介状を書いてくださり、翌日紹介状を持っていきました。 (39歳 / 女性)
  • 新宿で遊んだ帰りに体がおもく咳がとまらなかったので風邪だと思い近くの病院へ行きました。 (29歳 / 男性)
  • 食欲がどんどんなくなり、食べても戻してしまう事があったので心配になり内科に行きました。 (45歳 / 女性)
  • 朝からおなかの調子が悪く、ノロウイルスだったら嫌なので内科に行きました。 (31歳 / 女性)
  • 一ヶ月近く微熱~高熱が続き、新宿区内にある大きな病院で血液検査とMRIを受診しました。 (35歳 / 女性)
  • 倦怠感と微熱が続き、風邪をひきそうだったので、年の為に診ていただきました。 (33歳 / 女性)
  • 食あたりなのか下痢が続きしんぱいになって勤務中にいきました。 (52歳 / 女性)
  • 出先で、急な腹痛にみまわれ飛び込みで診断してもらったことがあります。 (30歳 / 女性)
  • 婦人科検診の指定病院になっている医院で検査をしに行きました。 (45歳 / 女性)
  • ひどい風邪を引き、全く声も出なくなってしまったとき。会社が高田馬場だったので近くの病院に行きました。 (48歳 / 女性)
  • 出張中に急に具合が悪くなり、宿泊先で手配してもらったのが新宿の病院だった。 (35歳 / 女性)
  • 去年の年末に風邪っぽい症状で病院に行きました。熱はなかったのですが、結局インフルエンザということで診断され、5日間会社を休みました。 (36歳 / 男性)
  • 新宿で買い物をしていたときに急にお腹がさしこんでしまって、近くの病院を探し初診でしたが診てもらいました。 (28歳 / 女性)
  • 友人宅を訪問中に具合が悪くなり、発熱したため、受診することとなりました。 (38歳 / 女性)
  • 風邪を引いたとき、熱が出て、咳と倦怠感があったので行きました。 (37歳 / 女性)
  • 出張時に風邪で体調が悪く、頭痛と発熱で診察を受け、点滴の投与を受けました。 (48歳 / 男性)
  • 勤務地が新宿だった時、勤務中に高熱を出してしまい急遽解熱剤を出してもらうためにクリニックへ行った。 (31歳 / 女性)
  • 花粉症なので、花粉が飛び始める少し前の時期、おおむね1月中旬から下旬に内科を受信しました。 (41歳 / 女性)
  • 私は、職業柄、流行の病気をもらってしまいがちなので、おう吐や下痢の症状が見られたときに行きました。 (30歳 / 女性)
  • 咳喘息が出てきた感じがしたので、専門の呼吸器内科のある病院に行った。 (44歳 / 女性)
  • 寝不足と疲れから急に高熱がでて腹痛もあった時に東京山手メディカルセンターでお世話になりました。 (23歳 / 男性)
Q.なぜ新宿区の内科の病院・クリニックに行かれたのですか?
  • 住んでいたのは横須賀だが、転職する際に健康診断のための会社指定のクリニックが新宿区の尿員だったから。 (27歳 / 女性)
  • 通勤近くにある内科は、人が多くてもスムーズに手続をして、順番が早いです。 (38歳 / 男性)
  • 風邪をこじらせて咳がとまらなくなり、仕事に行くのがつらくなったので通院しました。 (43歳 / 男性)
  • 映画を見に友人と言った際、食事をしたら気分が悪くなり、新宿駅東のマイシティクリニックにてお世話になりました。 (57歳 / 男性)
  • ネットでの検索と、自宅から電車1本で行けるのでアクセス重視で行きました。 (33歳 / 女性)
  • 派遣で代々木にある会社に行ってた時に、自社の健康診断受診のため、新宿にあるクリニックに行ったことがあります。 (53歳 / 男性)
  • 新宿で遊んでいて咳がとまらなくなりしんどくなったので近くの病院へ行きました。 (29歳 / 男性)
  • 吐き気が朝からして、少ししたら下痢になってしまいました。会社で胃腸炎が流行っていたのでそうかとおもい病院に行きました。 (45歳 / 女性)
  • 家の近くにあって簡単に行きやすいので、そこの病院に行きました。 (27歳 / 男性)
  • 朝からのどが痛く鼻水も止まらなかったので、内科に行って診察をしてもらいました。 (31歳 / 女性)
  • めまいが酷く、生活に支障が出るため、ひとまず自宅から近い新宿区の内科に行きました。 (35歳 / 女性)
  • 新宿区で生まれ新宿区で育ったので、かかりつけの病院は自然と新宿区の内科と決まっていたからです。今は家を出ましたが実家に帰省中に具合悪くなると行きます。 (40歳 / 女性)
  • 都心でアクセスも良かったので通学途中の駅でもあることから利用したことがあります。 (28歳 / 女性)
  • 一番わかりやすい交通アクセスの場所にクリニックがあったからです。 (28歳 / 女性)
  • ネットで調べて評判が良かったので。ネットに乗っていて様子がわかりやすかったので (37歳 / 女性)
  • 職場から近く大きい病院がいいと思い利用させて頂きました。蕁麻疹です。 (30歳 / 女性)
  • 買い物に行った時、急にお腹がさしこんでしまい、地元に帰るまでもちそうになかったので近くの病院を探して受診しました。 (28歳 / 女性)
  • 高熱が出て、関節が痛く、インフルエンザかと思い病院に行きました。 (37歳 / 女性)
  • 基本的には近いから行くだけど専門でいいとか独自の治療をしているところはいい評判なら遠くてもいく (41歳 / 男性)
  • 職場から、休憩中に行ける範囲の距離で検索し、該当したからです。 (48歳 / 女性)
  • 大学に遠方から通学していた際、大学に行っている間に体調不良になり大学の定型病院に行ったため。 (29歳 / 女性)
  • 叔父が食道癌の手術をして、そのお見舞いに、両親と一緒にいきました。 (43歳 / 女性)
  • 地元の病院では設備が不十分で治療出来ず、最寄駅がある西武新宿線上の病院で探した結果新宿まで通院することになりました。 (35歳 / 女性)
  • 仕事中に体調が悪くなり、仕事場に1番近かった新宿区の内科を受診したため。 (29歳 / 女性)
  • 職場が四ツ谷だった時、新宿区内の内科に行った。会社の健診もそこでしていたので。 (36歳 / 女性)
※この口コミは、Webアンケートで集められた意見です。内容には、回答者の個人的・主観的な表現を含むものがございます。
また、事実と異なる場合もございます。あくまでも参考材料のひとつとしてご活用頂くことを推奨させて頂きます。
このページの先頭へ