大阪府大阪市鶴見区の病院・クリニック(148件)

内科消化器科肛門科外科整形外科リウマチ科リハビリテーション科放射線科乳腺外科

大阪府大阪市鶴見区鶴見4-1-30

最寄駅

  • 今福鶴見駅
  • 横堤駅
  • 新森古市駅
電話番号 06-6939-6251
06-6939-6251
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科胃腸科外科整形外科リハビリテーション科放射線科

大阪府大阪市鶴見区今津南1-5-8

最寄駅

  • 放出駅
  • 高井田中央駅
  • 高井田駅
電話番号 06-6969-3500
06-6969-3500
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科循環器科呼吸器内科消化器科肛門科泌尿器科外科小児科婦人科整形外科皮膚科神経科神経内科心療内科リウマチ科眼科リハビリテーション科放射線科麻酔科歯科精神科

大阪府大阪市鶴見区鶴見3-6-22

最寄駅

  • 今福鶴見駅
  • 横堤駅
  • 新森古市駅
電話番号 06-6914-1100
06-6914-1100
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科耳鼻咽喉科

大阪府大阪市鶴見区浜5-6-14

最寄駅

  • 鶴見緑地駅
  • 門真南駅
  • 横堤駅
電話番号 06-4257-3660
06-4257-3660
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科小児歯科

大阪府大阪市鶴見区今津中1-6-43 エスパシオ・アローネ鶴見103号

最寄駅

  • 放出駅
  • 今福鶴見駅
  • 横堤駅
電話番号 06-6963-6480
06-6963-6480
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科口腔外科小児歯科

大阪府大阪市鶴見区緑1-9-18 ドムール緑町2階

最寄駅

  • 新森古市駅
  • 清水駅
  • 今福鶴見駅
電話番号 06-6931-3260
06-6931-3260
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科口腔外科矯正歯科小児歯科

大阪府大阪市鶴見区放出東3-7-6

最寄駅

  • 放出駅
  • 深江橋駅
  • 今福鶴見駅
電話番号 06-6969-6480
06-6969-6480
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科矯正歯科小児歯科

大阪府大阪市鶴見区今津北5-11-12 ACLクリニックモール1F

最寄駅

  • 徳庵駅
  • 横堤駅
  • 高井田駅
電話番号 06-6968-3300
06-6968-3300
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【子どもの医療費助成】
大阪府には乳幼児医療費助成制度があり、入院医療費は0~6歳児(就学前)、通院は0~2歳児が対象になっています。
自己負担金は1日につき最大500円で、一ヶ月の最初の2日間は負担がありますが3日めからは負担がありません。同じ日にいくつかの科を受診しても最大500円です。同じ医療機関でも歯科の治療費は1日最大500円の負担が必要です。入院は1日最大500円で、1ヶ月で2500円を超えた分は償還されます。

【後期高齢者医療制度】
大阪府の後期高齢者医療制度は、75歳以上の方と65歳以上で障害の認定を受けた方が助成の対象になっています。
後期高齢者医療制度は高齢者が安心して医療が受けられるもので国民全体で支える制度です。通院での病気の治療、入院での治療では所得に応じて食事や生活療養費の助成があります。訪問看護療養費や移送費(緊急時医師の支持にしたがい病院に移送する費用)も対象になっています。

【助成金の対象となる特定疾病】
大阪府では、特定疾病(ベーチェット病・スモン・重症筋無力症など56疾患)の方に治療費を助成する制度があります。
特定疾患医療受給者証がある方の自己負担金は世帯の所得によって異なります。原因不明で、長く続く病気の医療費の負担を軽減するよう対象となる疾患が増え、より多く方が助成を受けられるようになっています。
このページの先頭へ