泉北高速鉄道線の病院・クリニック(1,013件)

歯科小児歯科

大阪府堺市北区中百舌鳥町2丁20 フローリッシュエノキダビル301

最寄駅

  • 中百舌鳥駅
  • なかもず駅
  • 百舌鳥八幡駅
電話番号 072-251-0418
072-251-0418
受付時間
10:00~12:00
14:30~19:30
09:00~14:30
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

整形外科内科

大阪府和泉市和気町2-11-1

最寄駅

  • 和泉府中駅
  • 久米田駅
  • 忠岡駅
電話番号 0725-41-0053
0725-41-0053
受付時間
09:00~12:00
16:00~19:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

皮膚科小児科

大阪府岸和田市岡山町36番地の1

最寄駅

  • 久米田駅
  • 下松駅
  • 東岸和田駅
電話番号 072-441-1199
072-441-1199
受付時間
08:30~12:00
15:30~19:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

肝臓内科・外科内科

大阪府和泉市府中町4-16-8

最寄駅

  • 和泉府中駅
  • 信太山駅
  • 久米田駅
電話番号 0725-92-8155
0725-92-8155
受付時間
08:30~12:00
16:30~19:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科

大阪府和泉市府中町3-4-9

最寄駅

  • 和泉府中駅
  • 信太山駅
  • 泉大津駅
電話番号 0725-43-0162
0725-43-0162
受付時間
09:30~12:00
15:00~19:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科

大阪府岸和田市池尻町字横田114-9

最寄駅

  • 久米田駅
  • 下松駅
  • 東岸和田駅
電話番号 072-444-7852
072-444-7852
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科

大阪府岸和田市岡山町185番地の11

最寄駅

  • 久米田駅
  • 和泉中央駅
  • 下松駅
電話番号 072-445-0264
072-445-0264
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科

大阪府和泉市和気町2-9-32

最寄駅

  • 和泉府中駅
  • 久米田駅
  • 忠岡駅
電話番号 0725-46-2084
0725-46-2084
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【子どもの医療費助成】
大阪府には乳幼児医療費助成制度があり、入院医療費は0~6歳児(就学前)、通院は0~2歳児が対象になっています。
自己負担金は1日につき最大500円で、一ヶ月の最初の2日間は負担がありますが3日めからは負担がありません。同じ日にいくつかの科を受診しても最大500円です。同じ医療機関でも歯科の治療費は1日最大500円の負担が必要です。入院は1日最大500円で、1ヶ月で2500円を超えた分は償還されます。

【後期高齢者医療制度】
大阪府の後期高齢者医療制度は、75歳以上の方と65歳以上で障害の認定を受けた方が助成の対象になっています。
後期高齢者医療制度は高齢者が安心して医療が受けられるもので国民全体で支える制度です。通院での病気の治療、入院での治療では所得に応じて食事や生活療養費の助成があります。訪問看護療養費や移送費(緊急時医師の支持にしたがい病院に移送する費用)も対象になっています。

【助成金の対象となる特定疾病】
大阪府では、特定疾病(ベーチェット病・スモン・重症筋無力症など56疾患)の方に治療費を助成する制度があります。
特定疾患医療受給者証がある方の自己負担金は世帯の所得によって異なります。原因不明で、長く続く病気の医療費の負担を軽減するよう対象となる疾患が増え、より多く方が助成を受けられるようになっています。
このページの先頭へ