JR伊東線の病院・クリニック(155件)

歯科

静岡県熱海市下多賀165-6

最寄駅

  • 網代駅
  • 伊豆多賀駅
  • 宇佐美駅
電話番号 0557-68-0661
0557-68-0661
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

アレルギー科耳鼻咽喉科

静岡県伊東市宇佐美1936-29

最寄駅

  • 宇佐美駅
  • 伊東駅
  • 網代駅
電話番号 0557-48-1187
0557-48-1187
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科

静岡県熱海市昭和町20番13号

最寄駅

  • 来宮駅
  • 熱海駅
  • 伊豆多賀駅
電話番号 0557-82-6678
0557-82-6678
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科

静岡県熱海市下多賀906-5

最寄駅

  • 伊豆多賀駅
  • 網代駅
  • 宇佐美駅
電話番号 0557-68-1958
0557-68-1958
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科循環器科消化器科小児科

静岡県熱海市網代447

最寄駅

  • 網代駅
  • 伊豆多賀駅
  • 宇佐美駅
電話番号 0557-68-0143
0557-68-0143
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

さくら醫院

公式情報

内科緩和ケア在宅診療健康診断腫瘍内科・外科

静岡県熱海市清水町17-11

最寄駅

  • 来宮駅
  • 熱海駅
  • 伊豆多賀駅
電話番号 0557-52-3021
0557-52-3021
受付時間
09:00~12:30
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

熱海市清水町のさくら醫院(在宅療養支援診療所)です。熱海駅・来宮駅より、タクシーで、約10分。さくら醫院は、内科診療をはじめ緩和ケア(腫瘍内科・疼痛緩和内科)、もの忘れ外… 続きを読む

眼科

静岡県熱海市清水町1-16 鈴木ビル2F

最寄駅

  • 来宮駅
  • 熱海駅
  • 伊豆多賀駅
電話番号 0557-86-0333
0557-86-0333
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

アレルギー科耳鼻咽喉科気管食道科

静岡県熱海市上宿町4-1 内田ビル3F

最寄駅

  • 来宮駅
  • 熱海駅
  • 伊豆多賀駅
電話番号 0557-81-3313
0557-81-3313
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科神経科神経内科心療内科精神科

静岡県熱海市田原本町9-1 第一ビル6F

最寄駅

  • 熱海駅
  • 来宮駅
  • 伊豆多賀駅
電話番号 0557-85-7300
0557-85-7300
  • 夜間診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【子どもの医療費助成】
静岡県には、市町村により若干の違いはありますが、大体において未就学児については、医療費の自己負担は0円になっています。
また、小中学生については自己負担額が500円が上限とされていて、市町村によっては0円のところもあります。
ただし、母子家庭などでは自己負担は0円となっています。

【後期高齢者医療制度】
静岡県の後期高齢者医療制度では、医療費の助成は重度障害者であるかないかで異なります。
80歳以上で、重度障害医療費助成金受給者証を所有している人は、年額10,000円を上限として助成してくれます。
重度障害者でない80歳以上の高齢者については、年額6,000円を上限に助成が行われます。

【助成金の対象となる特定疾病】
静岡県では、助成金の対象となる特定疾患に59個の疾患を指定しています。
特に年齢制限などは無く、指定される疾患の認定基準を満たしていれば助成金を受け取ることができます。
助成金の金額は、生計中心者の所得税課税年額によりランク付けがされていて、年額を7段階に分けて納税額が少ないほど自己負担額が少ないシステムになっています。
このページの先頭へ