山梨県甲府市の病院・クリニック(336件)

現在選択中

追加の条件

リハビリテーション科リウマチ科整形外科内科

山梨県甲府市朝気1-1-29

最寄駅

  • 善光寺駅
  • 金手駅
  • 南甲府駅
電話番号 055-233-1151
055-233-1151
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

麻酔科皮膚科

山梨県甲府市向町260-1

最寄駅

  • 酒折駅
  • 石和温泉駅
  • 善光寺駅
電話番号 055-236-7222
055-236-7222
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

矯正歯科

山梨県甲府市丸の内2-30-15

最寄駅

  • 甲府駅
  • 金手駅
  • 善光寺駅
電話番号 055-222-1777
055-222-1777
受付時間
09:30~12:00
13:30~18:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科小児科

山梨県甲府市城東1-8-9

最寄駅

  • 金手駅
  • 善光寺駅
  • 甲府駅
電話番号 055-235-4321
055-235-4321
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科

山梨県甲府市幸町14-6

最寄駅

  • 南甲府駅
  • 甲斐住吉駅
  • 金手駅
電話番号 055-252-6481
055-252-6481
受付時間
19:00~23:00
17:00~23:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

人工透析泌尿器科

山梨県甲府市塩部1-10-6

最寄駅

  • 甲府駅
  • 金手駅
  • 善光寺駅
電話番号 055-252-3811
055-252-3811
受付時間
07:30~17:30
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

泌尿器科

山梨県甲府市塩部1-11-12

最寄駅

  • 甲府駅
  • 金手駅
  • 善光寺駅
電話番号 055-251-7811
055-251-7811
受付時間
08:30~12:00
15:00~17:00
08:30~11:30
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

美容外科美容皮膚科

山梨県甲府市丸ノ内 2-2-3 

最寄駅

  • 甲府駅
  • 金手駅
  • 善光寺駅
電話番号 0120-977-089
0120-977-089
受付時間
10:00~19:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科

山梨県甲府市相生3-7-18

最寄駅

  • 南甲府駅
  • 金手駅
  • 甲府駅
電話番号 055-235-0302
055-235-0302
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【子どもの医療費助成】
山梨県の子どもの医療費制度の対象は通院は5歳未満、入院は小学校入学前までとなっています。所得制限はなく、保険診療の自己負担となる金額が助成されます。
健康保険の適用を受ける治療や診断であればすべて適用されるので、検診や検査、予防接種の一部などが他の制度と合わせて助成されることもあります。

【後期高齢者医療制度】
山梨県において後期高齢者医療制度の対象年齢は75歳以上がその主な対象となりますが、65歳から74歳の間に特定の障害がある場合にも制度の適用範囲内になります。
療養費用や通院費用などが助成されますが、制度に加盟しないと助成されないため注意が必要です。一般であれば医療費は1割負担となっています。

【助成金の対象となる特定疾病】
山梨県においての特定疾患に対する助成は、国が指定する疾患と県が指定する疾患の両方に対して適用されます。
主に原因が不明の病や難治性の病に対しての治療や状態の改善、対症療法に助成金が出されます。年齢に関係なく適用されるため、患者の生活や治療の補助には欠かせない制度となっています。
このページの先頭へ