新潟県新発田市の病院・クリニック(120件)

現在選択中

追加の条件

アレルギー科呼吸器内科内科

新潟県新発田市諏訪町1-2-11 イクネスしばたMINTO館2階

最寄駅

  • 新発田駅
  • 西新発田駅
  • 加治駅
電話番号 0254-22-1159
0254-22-1159
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科消化器科胃腸科

新潟県新発田市三日市605番地1

最寄駅

  • 加治駅
  • 新発田駅
電話番号 0254-23-7788
0254-23-7788
受付時間
08:30~12:00
15:00~18:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

精神科心療内科神経科

新潟県新発田市住吉町4-8-26

最寄駅

  • 西新発田駅
  • 新発田駅
  • 中浦駅
電話番号 0254-28-3200
0254-28-3200
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

小児歯科矯正歯科歯科

新潟県新発田市三日市473-3

最寄駅

  • 加治駅
  • 新発田駅
電話番号 0254-21-1484
0254-21-1484
受付時間
09:30~12:30
15:00~18:30
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

内科循環器科

新潟県新発田市御幸町4-6-2

最寄駅

  • 西新発田駅
  • 新発田駅
  • 中浦駅
電話番号 0254-26-8100
0254-26-8100
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

精神科神経科内科

新潟県新発田市大槻字狐屋敷4138-1

電話番号 0254-28-5637
0254-28-5637
受付時間
13:50~14:40
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

精神科内分泌科神経科内科

新潟県新発田市豊町2-2-23

最寄駅

  • 新発田駅
  • 西新発田駅
  • 加治駅
電話番号 0254-24-1336
0254-24-1336
受付時間
08:30~11:00
15:00~17:30
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

眼科整形外科内科

新潟県新発田市虎丸452番地

電話番号 0254-25-3535
0254-25-3535
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

リハビリテーション科脳神経外科内科

新潟県新発田市新栄町1-2-21

最寄駅

  • 西新発田駅
  • 佐々木駅
  • 新発田駅
電話番号 0254-23-8211
0254-23-8211
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

アレルギー科皮膚科

新潟県新発田市新栄町2-11-56

最寄駅

  • 西新発田駅
  • 佐々木駅
  • 新発田駅
電話番号 0254-22-1112
0254-22-1112
受付時間
08:00~17:30
08:00~16:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【子どもの医療費助成】
新潟県では市町村別に子どもの医療費助成をおこなっています。
通院と入院に区別されており、県の基本対策としては小学校卒業までで、子どもが3人以上いる世帯の場合には高校卒業までを基準にしており、全市町村でクリアしています。多くの市町村では中学校卒業まで助成しており、糸魚川、加茂などのいくつかの市町村では独自に高校卒業までを保証しています。支給方法は現物給付で負担が少なくなっています。

【後期高齢者医療制度】
新潟県の後期高齢者医療制度の対象者となるのは75歳以上で一定の障害がある方は65歳から74歳までの方も含まれます。一部負担金として現役なみ所得者は3割負担になっていますが、家族とも住民税非課税の場合には1割負担となります。
入院時の食事代や通院代も負担額に上限がありますので、窓口で支払いをしなければならない金額に制限を設定し負担を軽減しています。

【助成金の対象となる特定疾病】
新潟県の特定疾病の助成として肝炎促進事業があります。B型とC型の肝炎ウイルス患者の方へのインターフェロン療法、インターフェロンフリー療法、核酸アナログ製剤治療を医療費助成の対象とし保険適用としています。
新潟県に住所がある患者とその被扶養者であれば保健所に申請することにより1年の助成を受けることができますがプロアテーゼ治療剤とインターフェロンフリー療法は7か月になります。市町村税が23万5千円以上か以下かで自己負担金の額が月額1万円か2万円になります。
このページの先頭へ