はまなすベイライン大湊線(JR大湊線)の病院・クリニック(61件)

追加の条件

歯科

青森県上北郡野辺地町字野辺地86-1

最寄駅

  • 野辺地駅
  • 北野辺地駅
電話番号 0175-64-0167
0175-64-0167
受付時間
09:00~12:00
14:00~19:00
09:00~15:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

産婦人科小児科内科

青森県上北郡横浜町寺下81番地2

最寄駅

  • 陸奥横浜駅
電話番号 0175-76-1787
0175-76-1787
受付時間
14:00~17:20
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科

青森県上北郡横浜町字寺下22-1

最寄駅

  • 陸奥横浜駅
電話番号 0175-78-6264
0175-78-6264
受付時間
09:00~11:30
14:00~18:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

歯科

青森県上北郡野辺地町字野辺地261

最寄駅

  • 北野辺地駅
  • 野辺地駅
電話番号 0175-64-2672
0175-64-2672
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

小児歯科矯正歯科歯科

青森県上北郡野辺地町字野辺地116-1

最寄駅

  • 北野辺地駅
  • 野辺地駅
電話番号 0175-64-4180
0175-64-4180
受付時間
09:00~12:30
14:00~19:00
09:00~13:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

口腔外科歯科

青森県むつ市柳町1-4-14

最寄駅

  • 下北駅
  • 赤川駅
  • 大湊駅
電話番号 0175-22-1366
0175-22-1366
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

小児歯科口腔外科歯科

青森県むつ市大平町43-7

最寄駅

  • 大湊駅
  • 下北駅
  • 赤川駅
電話番号 0175-24-2629
0175-24-2629
受付時間
09:00~13:00
14:30~18:30
09:30~14:30
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

麻酔科リハビリテーション科小児科内科

青森県むつ市大湊浜町16-27

最寄駅

  • 大湊駅
  • 下北駅
  • 赤川駅
電話番号 0175-24-1276
0175-24-1276
受付時間
09:00~11:45
14:00~17:45
09:00~15:45
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

アレルギー科小児科

青森県むつ市中央2-5-5

最寄駅

  • 下北駅
  • 大湊駅
  • 赤川駅
電話番号 0175-24-5656
0175-24-5656
受付時間
09:00~12:00
14:30~18:00
09:00~13:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【子どもの医療費助成】
青森県の子どもの医療制度では、4歳から小学校未就学児までの通院と入院に対して適用されます。
内容は、自己負担額である通院は1日500円、入院一月1500円以外の分が全て助成対象となります。適用を受けるには事前に受給者申請をして認可されている必要がありますので、注意が必要です。

【後期高齢者医療制度】
青森県では75歳以上の高齢者及び、65歳以上75歳未満の一定の障害を持っている人に対して保険が適用されます。
加入が必要になり、療養費や通院費、介護や治療にかかる費用などにも助成金が適用されるケースもあり、障害者認定によっても金額が変わりますが、多くの高齢者がその適用対象です。

【助成金の対象となる特定疾病】
青森県における特定疾患の助成は、その疾患になっていることを認可されれば助成されることになります。
医療機関の診断や自己申告で認可され、治療にかかる大部分を助成されます。
難治性の病や原因不明の病気に対して適用され、見た目には症状が分かりにくいものもまれに存在しています。
このページの先頭へ