北海道の病院・クリニック(6,574件)

現在選択中

矯正歯科口腔外科歯科小児歯科

北海道札幌市南区川沿十一条3丁目1-28

電話番号 011-578-1000
011-578-1000
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

眼科

北海道江別市元町27番3号

最寄駅

  • 高砂駅
  • 江別駅
  • 野幌駅
電話番号 011-380-1010
011-380-1010
受付時間
09:00~12:00
14:00~18:00
14:00~17:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

耳鼻咽喉科アレルギー科神経内科

北海道旭川市末広六条4丁目1番4号

最寄駅

  • 新旭川駅
  • 南永山駅
  • 永山駅
電話番号 0166-55-1000
0166-55-1000
受付時間
08:30~12:00
13:30~18:30
08:30~13:00
13:30~16:00
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

眼科

北海道千歳市千代田町7-1789-3 千歳ステーションプラザ5階

電話番号 0123-25-9595
0123-25-9595
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

消化器科内科

北海道札幌市中央区北一条西24丁目4-1 東光ストア円山店5階

最寄駅

  • 円山公園駅
  • 西28丁目駅
  • 西18丁目駅
電話番号 011-215-4137
011-215-4137
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

小児歯科口腔外科歯科

北海道札幌市北区屯田七条6丁目3番12

最寄駅

  • 太平駅
  • 百合が原駅
  • 篠路駅
電話番号 011-299-2040
011-299-2040
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

小児歯科矯正歯科口腔外科歯科

北海道旭川市一条通6丁目78番地1 クリスタルビル6階

最寄駅

  • 旭川駅
  • 旭川四条駅
  • 神楽岡駅
電話番号 0166-27-4618
0166-27-4618
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

眼科

北海道帯広市西8条南34丁目14番1号

最寄駅

  • 帯広駅
  • 柏林台駅
電話番号 0155-48-1717
0155-48-1717
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)

眼科

北海道函館市本町30番28号

最寄駅

  • 五稜郭公園前駅
  • 中央病院前駅
  • 杉並町駅
電話番号 0138-30-2211
0138-30-2211
  • 夜間救急診療可
  • 休日診療可
  • 女医
  • 駐車場
  • カード可
  • ネット予約(初診)
  • ネット予約(再診)
【子どもの医療費助成】
北海道では3歳未満時であれば医療費がかからずに受診できます。
また、小学生以下の子どもの入院では、1割負担で治療を受けることができます。小学生では通院するだけでは助成金は対象とならないので、健康保険などの3割負担となります。月に通院は12000円、入院は44000円と助成金額の上限が決まっています。

【後期高齢者医療制度】
北海道における後期高齢者医療制度の対象年齢は、75歳以上ですが、69歳から74歳までの特定の障害がある人も対象となります。これは制度に加入しなければ利用できないので、加入申請を忘れないようにしましょう。
給付される内容や助成内容は、療養費、病院へ行くときや病院から他の病院へ行くときの移送費などが含まれます。

【助成金の対象となる特定疾病】
北海道で特定疾病と言われる病気になると、だれでも年齢に関係なく助成対象となります。
脊髄性筋萎縮症や肥大型心筋症、ミトコンドリア病と言った治療が困難な病に対する助成であり、北海道が定める疾患と国が定める疾患の両方で判断されます。改善が困難なので生活における負担や医療の負担を軽減するのに活用されます。
このページの先頭へ