そのだるさ、睡眠の病気ナルコレプシーかも?原因や特徴を確認しよう!

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!今回は『睡眠の病気ナルコレプシーは、どんな病気?』をご紹介させて頂きます。

徹夜をして睡眠不足だったり、飲み過ぎて仕事中体がだるく眠くなってしまうことはありませんか?
短期間に治るのであれば、ただの寝不足ですみますが長期間継続しているのであれば、病気を疑った方がいいかもしれません。

今回は、日本人がなりやすいナルコレプシーという睡眠の病気について説明するので参考にしてください。

睡眠の病気ナルコレプシーとは?

お昼を食べた後や、疲れがたまっているときなど仕事中に眠気に襲われてしまい集中できない場合がありますが、毎日眠気に襲われるようならナルコレプシーという病気の可能性があります。ナルコレプシーの原因や症状を詳しく説明するので、しっかりと覚えておきましょう。

原因

ナルコレプシーとは、居眠り病などといわれる睡眠の病です。ナルコレプシーは、眠りから目を覚まさせる脳内の物質のオレキシンの欠如により発症するといわれています。
また、風邪等にかかった場合に免疫細胞がオレキシンを病原物質だと勘違いし、攻撃することで発症の要因となります。

症状

ナルコレプシーは、六百人に一人が発症する度合いがあり、世界平均よりも3倍近く多いのが特徴です。また、子供が発症しやすく症状は、主に4つあります。
・日中の眠気
・感情的発作
・幻覚と錯誤
・金縛り

ナルコレプシーは、日本国が発症しやすく、会社の大切な会議や車を運転いているとき眠気に襲われ突如眠ってしまう特徴があります。また、気持ちが興奮していると体全体の力が抜けてしまい、うまく会話ができなかったり直立することが困難になります。
ナルコレプシーの特徴は、睡眠状態の記憶を明確に覚えているため、幻覚と間違えてしまったり、脳は起きているため金縛りのような体が硬直するケースが見られます。

ナルコレプシーが疑われる場合は?

ナルコレプシーのような症状が現れた場合は、どのように対処すればいいのでしょうか?ナルコレプシーかどうか判断する方法や治療法などを説明するのでチェックしてみましょう。

診断方法

米国の精神医学会が発表しているナルコレプシーの診断基準を紹介するので参考にしてください。

・睡眠欲が強く、毎日何回も眠くなる症状が3ヵ月以上かつ週3回以上おこる。
・脳内物質のオレキシンが欠乏している
・感情的な発作による脱力感がある
・終夜睡眠検査でレム睡眠が15分以下、睡眠反復検査で平均睡眠8分以下かつ入眠時睡眠の状態が2回以上ある

毎日の眠気が続いており、感情的な発作やその他の項目に該当するのであればナルコレプシーだと判断できます。オレキシンや検査などは、医師による診断が必要になりますが、感情的な発作については、セルフチェックできるためナルコレプシーの疑いが強ければすぐに医師の診断、治療を受けるようにしましょう。

治療

ナルコレプシーになると、会社でダメ人間のレッテルを貼られてしまったり、日常生活に支障をきたしたりします。ナルコレプシーの治療方法について説明するので、しっかりと覚えておきましょう。

ナルコレプシーになると、会社でダメ人間のレッテルを貼られてしまったり、日常生活に支障をきたしたりします。ナルコレプシーの治療方法について説明するので、しっかりと覚えておきましょう。
◆認識による治療
◆薬による治療

ナルコレプシーの治療法には、2つの治療法があります。認識による治療は、しっかりと睡眠の病気であることを自他ともに認識することから始まります。
ナルコレプシーになっている人は、自身が発症していると認識しているケースが少ないため、しっかりと症状を発症している時間帯や回数などをチェックしましょう。
また、夜十分な眠りをとることで発症のリスクを軽減できたため、ポイントとしておさえておきましょう。

薬による治療とは、睡眠障害を改善するために薬を服用することです。オレキシンの欠如により脳の活性化が抑えられてしまうため、中枢刺激薬を服用したり、睡眠薬を飲み夜間睡眠をしっかりとることで発症を軽減や予防できます。

薬の服用は、間違って使用すると逆効果や副作用のリスクがあるため、主治医としっかりと相談しながら処方してもらうようにしましょう。

まとめ

ナルコレプシーは、居眠り病ともいわれる睡眠障害で自身が発症しているかどうか認識が乏しい場合が多い病気です。ナルコレプシーになると、会社でダメ人間のレッテルが貼られてしまったり、運転中に事故を起こしい最悪命の危険を伴う病気です。

眠気が長期間継続しているようならば、ナルコレプシーの可能性が高いため、自身でセルフチェックをしてみたり、医師の診断を受け予防や早期治療を行うようにこころがけましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る