クッシング症候群ってどんな病気?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!今回は『クッシング症候群ってどんな病気?』をご紹介させて頂きます。

クッシング症候群とは

クッシング症候群とは、ホルモンの一種であるコルチゾールが過剰な状態のことを指します。コルチゾールは分泌が多すぎるとさまざまな症状が出ますが、本来は炭水化物・脂肪などの代謝や、炎症を抑えたり免疫を調整したりする必要不可欠なホルモンです。

脳内ではさまざまなホルモンの産生や分泌がされていますが、中でも副腎のコルチゾールが過剰に分泌されて特徴的な症状がでることをクッシング症候群といいます。クッシング症候群の中で、約70%を占めておりよく知られているのが、国の難病指定も受けているクッシング病です。

クッシング症候群の症状

クッシング症候群には主に以下のような症状があります。
・満月用顔貌(まんげつようがんぼう)…
顔が丸く膨らんだようになる

・中心性肥満 …
脂肪が偏ってつくようになり、体幹の中心部が肥満化するが 手足は細い

・野牛肩(やぎゅうかた) …
肩から背中にかけてバランスの偏った肉がつく

・皮膚線条(ひふせんじょう) …
おなかなどの柔らかい部分に妊娠線のようなものが出る

・紫斑(しはん)ができやすい …
皮膚が薄くなり、青あざができやすい

・筋力、抵抗力の低下 …
感染症に弱くなったり、傷が治りにくくなったりする

・小児の発育遅延 …
肥満になるが身長は伸びない

・精神異常 …
急にやる気になったり、うつ気味になったりする

・カリウム不足 …
体がだるくなる

・月経不順、多毛症などの男性化兆候 …
アンドロゲンという男性ホルモンが増えるため頭の脱毛や体毛が濃くなるな ど、症状はさまざまです。

他にも高血圧症糖尿病脂質異常症骨粗鬆症など生活習慣病に似た病気が合併症として出る場合があります。

クッシング症候群の原因

男女ともにかかりますが、1:4の割合で女性の患者が多いと言われています。小児の患者もはいますが、遺伝する可能性は低い病気です。症状の項目にあるように、クッシング病に関しては見た目に症状が現れることが多いので患者さん自身も気づきやすいケースが多くなります。

通常この症候群の原因は、脳の下垂体にできた腺腫(せんしゅ=良性の腫瘍)が原因となり、副腎でコルチコステロイドを過剰に産み出していることです。なぜ腺腫ができるかについてはまだ解明されていません。

クッシング症候群と診断されたら

問診のあとにまず血液検査をおこないます。コルチゾールの上昇が認められるとクッシング症候群が疑われますが、ストレスや空腹によって値が変動しやすいため何度か検査が必要です。

それでも疑わしい場合には、合成ステロイドホルモンを投与し、血中のコルチゾール値が変動するかを確認し、値が低下していなければクッシング症候群と診断されます。大切なのはこの後ホルモン異常の原因が何かを探ることです。

頭のMRI検査(強力な磁気で体内を投影する方法)で脳の下垂体に腫瘍が見つかれば、クッシング病の可能性が非常に高いと判断されます。何も見つからなかった場合でも、小児の患者や腺腫が小さすぎる場合には見つかりにくいこともあるので、体のどこかに腺腫があることを疑い全身のCT検査(X線を使った体の断面を撮影する方法)を行います。

治療せずに放置すると症状はさらに悪化します。抵抗力が落ちていて感染症にもかかりやすくなりますので、重い肺炎や敗血症にかかり死に至るケースもあります。生命にも関わってくるので、きちんと診断され治療することが大切です。

クッシング症候群の治療法は

原因の多くは下垂体にできた腺腫なので、それを取り除くための手術をするのが最善とされています。現段階では薬剤で完全に消すことはできません。場合によっては放射線治療も行われます。

一度切除したら終わりではなく、再発した場合には再び手術を考慮します。手術で改善が見られない場合には、副腎に作用するコルチゾール産生を抑える薬剤を投与する場合もあります。

日常生活での注意点

高たんぱく食をとり、カリウムを投与してもらうなどが推奨されています。また、筋力低下により骨折しやすくなっているので転倒に注意が必要です。高血圧症糖尿病脂質異常症骨粗鬆症など合併している病気があれば併せて治療し、日常生活でも塩分やカロリー制限に気をつけます。なるべく早く病院を受診し治療を始めることが第一です。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る