エチケットに必須アイテム「口臭チェッカー」の使い方

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!今回は『エチケットに必須アイテム「口臭チェッカー」の使い方』をご紹介させて頂きます。

お口から不快なにおいがしないということは、コミュニケーションにおいて重要なことです。息が臭って不潔な印象を与えないように、息エチケットに気を付けましょう。そこで、重要なのが「口臭チェッカー」です。気軽にご自身の息の臭いをチェックできるので、エチケットの必須アイテムに加えてみましょう。
今回は、口臭チェッカーの機能説明からおすすめの使用方法についてご説明いたします。

ご自身の口臭レベルを知っていますか?

口臭は、自分ではなかなか気づくことができません。なぜなら、自身の鼻は匂いに慣れてしまうからです。口臭に不安があったとしても、セルフチェックをすることは難しいことです。
家族や同僚に口臭を指摘されて初めて気が付いたという方や、お話をしている相手からなんとなく顔を背けられるといった経験がある方もいらっしゃるかもしれません。
セルフチェックの難しい口臭だからこそ、数値化やレベル化してご自身の臭いの状態を知ることで、自信を持った息でお話ができるようになります。口臭の程度を知るために歯、歯科医院に来院して専用の機械で測定することが有効ですが、忙しくて歯科医院にいけない時や、定期的にご自身で口臭レベルを知りたいという方にお勧めしたいのが、近年販売が開始された口臭チェッカーです。

エチケットの新アイテム「口臭チェッカー」とは?

口臭チェッカーというアイテムをご存知ですか?
初めて聴いたという方もいらっしゃるでしょうし、歯医者さんにある機械?とお考えの方もいらっしゃるかと思います。口臭チェッカーは、すでに家電量販店やAmazon,楽天などのネットショップにて購入することができます。

では、簡単に機能のご説明をいたします。
ハンディタイプで使用するため、コンパクトな物が多いです。持ち歩きも可能で、ポーチにさりげなく入れておくことも可能です。充電式よりは、電池式のものが多いです。多くの機種では、チェッカーの部分に息を吹きかけることで、約5秒経過すると息の臭いを数値化やレベル化してディスプレイに表示します。
口臭チェッカーは、ただ単に臭いのするものに反応するのではなく、口臭の原因物質であるメチルメルカプタンや硫化水素に反応して測定するように設定されています。
口臭の原因物質があるかどうか、そのレベルがどれくらいかということは、測定できますが、どの物質による口臭なのかを特定することはできません。ご自身の息のレベルが、他人にとって不快なレベル化どうかということを、わかりやすく数値化したものと言えます。

ご自身の使用用途に合った口臭チェッカーの選択方法

口臭チェッカーは、すでに多種のメーカーから販売が開始されています。
では、どの口臭チェッカーが、ご自身に合うのか、店頭で悩んでしまわないように、購入の際のチェックポイントです。
商品化は、美容・理容機器メーカーの他、体重計など健康機器メーカー、電動歯ブラシなどのオーラルケアグッズを販売しているメーカーなど多種類のメーカーから行われていますが、価格帯は1,000円台~3,000円前後が多いようです。

1:測定の精度
様々なメーカーから販売されていますが、体重計や体脂肪計で有名な国内メーカーの商品は、歯科医院でも簡易的に利用されるほど精度に信頼性が高いようです。 

2:測定値の表示方法
ディスプレイ部分に、数字で表示するタイプのものや、レベルを数値化しているもの、レベルを色で表すものがあります。レベルは、4段階から6段階を設定している機種が多いです。ご自身の目安となるものですので、理解しやすいものがお勧めです。口臭治療のために歯科医院に通院中の方には、歯科医院によっては、患者さんがグラフ化など、数値化できるものをお勧めしているところが多いようです。歯科医院にはより精度の高い原因物質ごとに表示がでる口臭測定の機械があります。ご自宅での口臭ケア対策として、口臭チェッカーを購入される場合には、かかりつけの歯医者さんにお勧めを訊いてみるのもよいかもしれません。

3:口臭チェッカーのサイズや重さ
使用する場所や、保管場所、持ち歩きをするかどうかで、サイズ感も大切になってきますね。特に、女性などポーチの中に入れておくことを想定している場合には、よりコンパクトな物を購入することをおすすめします。

どのようなタイミングでチェックするべき?

効果的なチェック方法は、どのタイミングでしょうか?
まずは、ご自宅でご自身の口臭のレベルや数字を標準化するために、基準となる値を知ることが大切です。ご自身の口臭レベルの基準を知ることは、いつもは、レベル2だったのに、このところレベル4が続く、といった体調の変化を理解するためにも有効です。お勧めの口臭チェッカーを使用するタイミングをご紹介します。

朝起きたら直ぐに

夜眠っているときには、唾液の量が減少し、口腔内が乾燥するため、寝起きの時に、一番口臭が強くなります。今日は、どれくらいの数値かな?と確認することで、前の日の飲みすぎ具合や、今日の体調などの目安とすることができます。

接待や、営業など大切なミーティングの前に・・

そもそも、口臭チェッカーを手にした理由は、お話をする相手に不快感を与えずにコミュニケーションをとりたいということではなかったでしょうか?
となると、お話をする相手に、「この人のお口・・臭う・・」、「お昼に何食べたのかな?」と思われないように、自信を持てる息でいることが大切です。その確認のためにも、大切なミーティングの前には、口臭チェッカーでレベルや数値を確認し、もしも臭いが強いようでしたら、急ぎの場合はお茶やガムに頼る!、時間があれば歯磨きを行う!といった対策が重要です。

焼き肉や、ニンニクいっぱいのラーメンの後に

においの強い食べ物を食べた後にも、口臭の確認をしてみましょう。いつもはレベル1なのに、やっぱり焼き肉を食べるとレベル4になるといった数値化は、ご自身の予定を立てる際に役立ちます。
明日は、大切な商談がある、デートがあるといった際には、早々に口臭を確認し、早め早めの対策を取ることができます。

口臭チェッカーではできないこと

前日の飲み会で飲みすぎたというときには、確かに翌日の口臭は強くなります。口臭チェッカーは、息を吹きかけて測定するという仕組みを含めて、息の中の成分の数値化という点で、アルコールチェッカーに似ています。しかし、アルコールチェッカーではないので、運転前のアルコールの残り具合を確認するといったことには、代用できません。もしも、前日にお酒を飲んでもいつもと口臭のレベルが変わらなかったとしても、アルコールを測定しているのではないので、アルコールがなくなったということの証明にはなりません。

まとめ

口臭チェッカーは、すでに多種のメーカーから販売されており、家電量販店やネットショップにて1,000円~3,000円前後で購入できるお手軽なエチケット商品です。
毎朝、ご自身の口臭のレベルを知ることは、不快感を与えない、自信をもった息でお話ができることの他に、体調の変化も数値化やレベル化をして確認することができます。息を吹きかけて5秒程度で結果も確認でき、サイズもポーチに入る持ち歩き可能なものが多いことから、気軽にトライすることができる口臭ケアグッズの一つです。
ぜひ、ご自身のオーラルケアグッズに加えてみましょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る