子どもや妊婦は摂取しよう「ビタミンD」の効果

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!今回は『 子どもや妊婦は摂取しよう「ビタミンD」の効果 』をご紹介させて頂きます。

ビタミンDの「欠乏」が進んでいる

日本人は、もともと、日照時間に恵まれた土地に暮らし、油の多い魚介類を積極的に食べてきた民族です。そのため、これまで「ビタミンD」の摂取量は、比較的豊かとされてきました。ところが、近年では思わぬ事態が起こっています。

日本人の多くは、紫外線を避けて屋内で過ごす時間が多くなり、さらに食生活の欧米化が進んだことで、「ビタミンD不足」が目立つようになっています。「骨粗しょう症」や「骨軟化症」といった病気にかかる大人が増え、また、骨が変形する「くる病」を発症する子どもの数が増加しています。そのことから、現在の日本では、全国的にビタミンDの欠乏が進んでいると考えられています。

「丈夫は骨づくり」と「免疫力アップ」

「ビタミンD」は、油脂に溶ける脂溶性ビタミンの一種です。小腸や腎臓からカルシウムやリンの吸収を促進し、血液中のカルシウムやリンの濃度を適切に保つ働きがあります。カルシウムの吸収をサポートすることで、丈夫な骨や歯を作り、さらに骨の成長に必要な栄養素の役割も果たしています。他にも、免疫力を強化する働きをこなしています。

ビタミンDには、D2〜D7の6種類が存在しています(ビタミンD1はビタミンD2を主成分とする混合物に、誤って与えられた名称のため、実際は存在しません)。これらのなかで、人間の体の機能に作用するのは「ビタミンD2」と「ビタミンD3」です。したがって、ビタミンDと表記される場合、一般的には、「ビタミンD2」と「ビタミンD3」のことを指しています。

人間に必要な「2種類」のビタミンD

「ビタミンD2」と「ビタミンD3」を比較すると、体に作用する効率性は、ビタミンD3のほうがよいとされています。2つの働きはほとんど同じですが、若干の違いが見られます。ビタミンD2は「骨密度を高める」効果が高く、ビタミンD3は「免疫力向上」に優位性があります。

ビタミンD2は、主にキノコ類など植物性食品に含まれています。一方、ビタミンD3は、主に魚類や牛乳などの動物性食品に多く含まれている成分です。さらに、ビタミンD3は、皮膚が太陽光(紫外線)を浴びることで体内に作られる特徴を持っています。そのため、「太陽のビタミン」とも呼ばれています。

「骨に影響する」だけじゃない!

ビタミンDが不足すると、骨が
(1)細くなる
(2)もろくなる
(3)歪曲する
といった症状が起こりやすくなります。子どもであれば「くる病(骨の変形や成長障害などが起こる難病)」、大人であれば「骨軟化症(骨が変形し、全身に強い痛みが生じる難病)」を引き起こす恐れがあります。

骨に関する障害以外にも、高血圧、結核、がん、歯周病、うつ病糖尿病との関連性が、さまざまな研究により指摘されています。実際、ビタミンDが欠乏したことで、これらの病気が発症する率は大きく上昇しているというデータが報告されています。

子どもや妊婦は摂取しよう

成長段階の子どもが、丈夫な骨を作り、そしてその骨を十分に成長させるには、「ビタミンD」の摂取はとても大事です。骨の発育をよくするだけでなく、O脚や猫背などの予防にもつながります。ビタミンDは、食事からの摂取と合わせて、日光を浴びることで体内に生成されます。天気のよい日は、子どもはできるだけ「外遊び」を楽しむとよいでしょう。骨の発育に大きな影響が及ぶからです。

また、近年、女性のビタミンD不足が心配されています。食事で魚を摂取する機会が減り、過度な紫外線対策を施す人が増えたことが原因とみられています。女性の場合、妊婦のビタミンD不足は、
(1)早産
(2)妊娠高血圧症候群
(3)妊娠糖尿病
といった深刻な事態をまねく恐れがあります。さらに、ビタミンDの不足で、分娩に必要な「骨格筋」や「平滑筋」の筋力が低下し、帝王切開となるリスクが懸念されます。

ビタミンDを効率よく摂取するには、「魚類(イワシ、鮭、ニシン、マグロなど)」、「魚介類(すじこ、いくらなど)」、「キノコ類(きくらげ、しいたけ、まいたけなど)」を積極的に食べることです。妊婦の女性は、「産婦人科」を訪れた際に、専門医にさらに相談するとよいでしょう。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る