隠れ高血圧かも‥「仮面高血圧症」とは?

今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け!
今回は『隠れ高血圧かも。「仮面高血圧症」とは?』をご紹介させて頂きます。

血圧は、1日のなかで「変化する」もの

心臓から1分間に約5リットルも送り出される血液は、体中をめぐり、やがて腕などの末梢にまで届きます。その末梢の血管への圧力が「血圧」です。血圧は健康の程度を測るバロメータの1つですが、日本人は血圧に敏感です。

40歳以上の日本人の、2人1人は高血圧を抱えていると言われています。血圧が高くなると、血管のつまり、破裂などを引き起こし、
(1)心筋梗
(2)塞狭心症
(3)脳梗塞
(4)脳出血
(5)くも膜下出血
といった命に関わる発作の原因ともなります。

1日のなかで、激しい運動をしなくても、普通の生活を送っているときにでも、血圧は変動し、一定していません。寝ているあいだは低く、日中の活動しているあいだは高めという人が一般的です。また、食事、ストレス、感情、入浴、気温の変化、時間帯などによって、人間の血圧は、上昇と下降を行き来しています。

正常値の約15%は「隠れ高血圧」

健康診断などで、「血圧は正常」と判定された人でも、朝や寝る前など家庭で血圧を測ると、高い数値が見られることがあります。診察時では高血圧と診断されないことから、正常血圧の仮面をつけた高血圧という意味で「仮面高血圧」と呼ばれる状態です。つまり、病院で発見されにくい「隠れた高血圧」ということです。

現在、医療機関で、測定した血圧が「正常」と判断された人のうち、約10~15%の人は、「仮面高血圧」だといわれています。さらに、60歳以上の10人中4人が「仮面高血圧」の状態にあるようです。そして近ごろは、40代以上の年齢層にも、こっそり「仮面高血圧」が増えていることが明らかになっています。

一般的な高血圧より「進行が早い」

高血圧では、脳卒中や心筋梗塞などへの発生が心配されますが、仮面高血圧もそれらの重い病気の発症リスクは、同じくらいであることが、すでに分かっています。コロンビア大学(アメリカ)の研究によると、仮面高血圧症の人は、一般的な高血圧症にくらべて、症状の進行が早いことが確認されています。そして脳卒中のリスクは、一般的な高血圧症にくらべて、約2.5倍もあると予測する医師もいます。

仮面高血圧症の恐ろしさは、自覚症状がないことです。実際は高血圧の症状が見られるのに、なぜか「正常」の仮面をつけているため、本人も「まさか、自分が高血圧だなんて」と生活に油断しているところがあります。しかし、見えないところで、高血圧が進んでいるというケースは少なくありません。

血圧は、「朝」と「夜」に測る

日常の高血圧は、
(1)早朝
(2)夜間
(3)ストレス時
に隠れています。過度な飲酒や喫煙、仕事や日常生活での強いストレス、睡眠時の無呼吸症候群、糖尿病の悪化、心臓や腎臓の不調、高いコレステロール値、塩分の多い食事の摂取、気候の変化、などが原因として挙げられます。

仮面高血圧症を見つけるには、家庭用血圧計を使って、「朝起きてから1時間以内で、朝食前」と「夜は寝る直前」に、血圧を測定するのがよいでしょう。記録をつけておくと、自分の血圧の変化に気づくことができます。

40歳を過ぎたら、家庭で「血圧測定」!

高血圧は、基本的に自覚症状のほとんどない病気です。高血圧の際に、肩こり、頭痛、動悸、息切れ、めまいが生じると言われていますが、医学的には直接の因果関係は、今のところ明らかになっていません。

しかし、首や肩に重さやだるさを感じる、強めの頭痛がするといった症状と、高血圧に何らかのつながりがあることは、現実としてあるようです。しかし、前兆といえる症状があるかどうかまでは曖昧です。そこで、40歳を過ぎたら、意識して血圧を測定するようにしましょう。定期的に「内科」などの受診し、医師に相談すると安心です。

仮面高血圧症の予防には、生活習慣の見直しがもっとも効果的です。まずは食事の改善です。
(1)塩分を控える
(2)野菜、海藻類、豆類を積極的に摂取する
(3)コレステロールの高い食事は抑える
(4)砂糖の多い菓子類は控える
といったことのうち、できるところから初めてみましょう。さらに、できれば禁煙し、飲酒しない日を設けることをおすすめします。

関連記事

   

Archive

ページ上部へ戻る